記事広告

ギャンブル界の最大手「スーパーグループ」がソフトウェア開発企業のDigital Gaming Corporationを買収

ギャンブル界の最大手であるスーパーグループは、BetwayやSpinといった巨大企業を所有し、すでに業界内で確固たる地位を築いています。彼らは確かな価値を蓄積しており、十分な資金をもって今回ソフトウェア開発企業の「Digital Gaming Corporation(以下DGC)」を買収しました。

スーパーグループはすでに業界の大企業であるため、この買収はギャンブル業界にとっては大きな出来事であり、アメリカのギャンブル界にも大変インパクトがあります。DGCを買収することで製品全体の向上が期待できるため、利点は山ほど考えられます。

スーパーグループはその存在感を拡大していく

スーパーグループはすでにBetwayという世界的なブランドを持っていますが、DGCを手に入れることは、米国での存在感を拡大することになります。アメリカは間違いなく世界最大のギャンブル市場なので、DGCの買収でブランドの影響力がさらに高まります。そのため、ビットコインなどの資産を受け入れる暗号通貨カジノへのピボットなど、さまざまな種類のプロダクトが登場しています。

Betwayは特にオハイオ州で、ブランディングの面でも貢献しています。BetwayはNBAチームのCleveland Cavaliersと提携し、この取組は両者にとって有益なものでした。

スーパーグループCEOのニール・メナシェ氏は、DGCを持つことにどれほど興奮しているかを語っています。彼は、「DGCを正式にSuper Groupに迎えることができ、とても嬉しく思っています。我々の実績あるツールキットを米国に適用するため、チームとより密接に働くことを楽しみにしている」と述べました。

2022年11月、スーパーグループは、前年同期比2%減の3億1900万ドルの第3四半期決算を発表。DGCは、米国、特にルイジアナ州でのプレゼンスを拡大するため、今後12カ月で改善すると予想されています。 

ルイジアナ州はDGCのテリトリーとなる

DGCは国内の様々な州に進出しているため、Super Groupの計画にとって、最も人気のある事業の1つとなります。その中でも、ルイジアナ州は全米屈指のギャンブルが盛んな州であり、ギャンブルの文化が根付いているため、そこに注力したいとのことです。ルイジアナ州にはギャンブルの文化があり、スポーツファンも多いので、オンラインカジノをより多くプレイしてもらうことができます。

DGCがスーパーグループの計画にどのように取り組んできたかを見ると、彼らがアメリカの他の地域に進出しようとしていることがわかります。DGCは、ゲームとリワードで最高の体験の提供を続けることで、スーパーグループとDGCに有益な関係性が生まれます。

DGCは、ルイジアナ州のほか、アリゾナ州、バージニア州、オハイオ州でもBetwayの技術を利用したいと考えています。現在、両社の関係性が保たれているので、その他関係するすべての企業のプレゼンス向上が期待でき、業界にとって大変大きな意味を持つでしょう。

スーパーグループとDGCは長期的な成功を目指す

この新しいパートナーシップによって、スーパーグループとDGCは長期的な成功を収めたいと考えています。ヨーロッパとイギリスにおける彼らの存在は、オンラインカジノのブランドにとって重要なものです。 

DGCはBetwayと並んで、今後オンラインカジノ界で最も成功したパートナーシップの一つとなることが期待されています。また、暗号通貨カジノについても、将来に向けて改良を続けているとのことです。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。