米大統領選の期日前投票 スケジュール拡大へ

ニューヨーク市の選挙管理委員会は28日、今週末30日(金)〜11月1日(日)の期日前投票スケジュールを9時間追加することを発表。27日、amNYが報道した。

先週末にニューヨーク全土の投票所前で、大勢の有権者による長い列が作られたことを受け対策が取られた。「The NYC Board of Elections」によると、24日(土)と25(日)の2日間で193,915人が期日前投票をしたという。

それぞれのスケジュールは、

30日は、午前7時〜午後5時

31日は、午前7時〜午後5時

1日は、午前7時〜午後4時。

となる。

また、11月3日(火)選挙当日の投票時間は変更されておらず、午前6時〜午後8時(ニューヨーク州は午後9時)までとなる。

 

あわせて読みたい「米大統領選2020」関連記事

米大統領選まであと4日 投票日直後は避けたいエリア解説

予測不能の米大統領選挙 世論調査の結果は信用できるのか

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1089

風水&手相2021年の運気アップ!

暗くつらい日々が続くなら、自分なりに運命を知り、切り開くのも大切な考えだ。風水と手相の先生に、新しい自分に出会うためティップを教えてもらおう! 

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?