米大統領選の期日前投票 スケジュール拡大へ

ニューヨーク市の選挙管理委員会は28日、今週末30日(金)〜11月1日(日)の期日前投票スケジュールを9時間追加することを発表。27日、amNYが報道した。

先週末にニューヨーク全土の投票所前で、大勢の有権者による長い列が作られたことを受け対策が取られた。「The NYC Board of Elections」によると、24日(土)と25(日)の2日間で193,915人が期日前投票をしたという。

それぞれのスケジュールは、

30日は、午前7時〜午後5時

31日は、午前7時〜午後5時

1日は、午前7時〜午後4時。

となる。

また、11月3日(火)選挙当日の投票時間は変更されておらず、午前6時〜午後8時(ニューヨーク州は午後9時)までとなる。

 

あわせて読みたい「米大統領選2020」関連記事

米大統領選まであと4日 投票日直後は避けたいエリア解説

予測不能の米大統領選挙 世論調査の結果は信用できるのか

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。