米大統領選の期日前投票 スケジュール拡大へ

ニューヨーク市の選挙管理委員会は28日、今週末30日(金)〜11月1日(日)の期日前投票スケジュールを9時間追加することを発表。27日、amNYが報道した。

先週末にニューヨーク全土の投票所前で、大勢の有権者による長い列が作られたことを受け対策が取られた。「The NYC Board of Elections」によると、24日(土)と25(日)の2日間で193,915人が期日前投票をしたという。

それぞれのスケジュールは、

30日は、午前7時〜午後5時

31日は、午前7時〜午後5時

1日は、午前7時〜午後4時。

となる。

また、11月3日(火)選挙当日の投票時間は変更されておらず、午前6時〜午後8時(ニューヨーク州は午後9時)までとなる。

 

あわせて読みたい「米大統領選2020」関連記事

米大統領選の投票終了 投票日直後は避けたいエリア

予測不能の米大統領選挙 世論調査の結果は信用できるのか

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。