米大統領選の期日前投票 スケジュール拡大へ

ニューヨーク市の選挙管理委員会は28日、今週末30日(金)〜11月1日(日)の期日前投票スケジュールを9時間追加することを発表。27日、amNYが報道した。

先週末にニューヨーク全土の投票所前で、大勢の有権者による長い列が作られたことを受け対策が取られた。「The NYC Board of Elections」によると、24日(土)と25(日)の2日間で193,915人が期日前投票をしたという。

それぞれのスケジュールは、

30日は、午前7時〜午後5時

31日は、午前7時〜午後5時

1日は、午前7時〜午後4時。

となる。

また、11月3日(火)選挙当日の投票時間は変更されておらず、午前6時〜午後8時(ニューヨーク州は午後9時)までとなる。

 

あわせて読みたい「米大統領選2020」関連記事

米大統領選まであと4日 投票日直後は避けたいエリア解説

予測不能の米大統領選挙 世論調査の結果は信用できるのか

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1203

大学進学を考える 日本と米国、二つの国で学び暮らす選択

コロナ禍を経験して社会は大きく変わった。日本社会も例外ではない。未来を見据えて、グローバルな大学進学の選択肢の一つとして、米国と日本で自分たちのルーツを生かす学びについて掘り下げる。

Vol. 1202

メトロノース鉄道に乗って行く 週末プチお出かけ〜コールドスプリング編〜

メモリアルデーとともに本格的な行楽シーズンが到来。日帰りディストネーションとしてニューヨーカーに人気のパトナム郡コールドスプリングを訪ねてみた。

Vol. 1201

注目の起業家たちにインタビュー〈続編〉 ニューヨークで奮闘する革新者たち

既存のビジネスの枠に収まらない彼らが新たに切り開く道こそが、未来を変える。その情熱とアイディアの根源を聞いた。これから起業したい人必見!

Vol. 1200

今、ニューヨークを駆け抜ける 注目の企業家たち

社会にイノベーションを起こした女性起業家たちにインタビュー。彼女たちの情熱とポジティブなマインド、アイデアをビジネスに変えるまでの方法を聞いた。次号は男性篇をお届け。これから起業したい人はお見逃しなく!