ハートに刺さるニュース解説

バイデン氏勝利に導いたBLM運動 鍵を握ったのは若者層と黒人層

ユニオンスクエアで7日出会った、マイノリティーの子供支援を行うNPOで働くジェシー・マクナスさん(23)は、「デモクラシーでつかもう(=取り戻そう)」という段ボールの看板を掲げていた。これはトランプが05年、テレビ番組出演前に「女性性器をつかむんだ。(金持ちなら女性に)何でもできるんだ」と発言したのをもじったもの。発言は、16年の大統領選挙中に米紙ワシントン・ポストがテープを入手し報じた。

マクナスさんは、「トランプの存在は、民主主義に完全に反していた。投票で不正があったから、集計をやめろというけど、全ての票が重要。彼は人種差別主義者だけど、一人一人の命が大事。それこそがアメリカ。私たちは、今こそもう一度民主主義をやり直す。革命を起こす準備はできている!」と語った。

マクナスさんによると、ミレニアルとZ世代には、生まれた時からインターネットがあり、世界の出来事をよく学習しているという。Z世代は半分が同性愛者を含むマイノリティーで、学校や大学で上の世代に比べ、多様性のある人間ネットワークを形成してきた。それがバイデン氏に投票し、より包括性があるリベラル派に肩入れしている理由でもある。

トランプは訴訟を準備

選挙人の数としては、バイデン氏勝利で終わったが、トランプ氏は激戦州での訴訟などを準備している。最終的な決着は、まだまだ時間がかかりそうだ。

しかし、今年の選挙が70歳代の白人男性が両党の候補者だったにも関わらず、若者の参加など大きな変化を引き起こしたのは、歴史に残るだろう。ビル・クリントンやバラク・オバマ元大統領が引き起こした、「チェンジ」につながるものだった。

津山恵子
ジャーナリスト。
「アエラ」などに、ニューヨーク発で、米社会、経済について執筆。
フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOなどに単独インタビュー。
近書に「現代アメリカ政治とメ ディア」(東洋経済新報社)。2014年より長崎市平和特派員。元共同通信社記者。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1218

お洒落を楽しむ秋 ニューヨークのメンズファッション

秋の気配が漂ってきた今日この頃、ワードローブも夏物から秋物へと入れ替える時期。本号ではニューヨークのメンズファッション情報を紹介。季節の変わり目のお買い物に役に立つトレンドや最旬メンズブランドをチェックしよう。

Vol. 1217

紅茶をめぐる冒険

初秋の訪れとともに飲みたくなるのがポットで淹れた紅茶。茶葉やブレンドによって異なる香りと味は、私たちをくつろぎと恍惚の世界に誘い、またある時は懐かしい記憶を辿る道標にもなってくれる。極上の一杯を求めて、ニューヨーク紅茶めぐりの旅、はじまりはじまり。

Vol. 1216

進化し続けるトイレの世界

日本が世界に誇る「おもてなし」文化の象徴といえるトイレ。高品質なだけでなく、利便性の面でも多種多様な機能を備え進化し続ける日本のトイレ製品。日米のトイレ事情の違いなど、今号ではさまざまな角度からトイレについて学んでみよう。

Vol. 1215

今気になるヘアサロン&大人の男が通う新・バーバー

コロナ禍で指名のスタイリストが帰国したり、お店がクローズしたりと何かとアップデートが必要になるヘアサロン事情。髪質やニュアンスの違いを理解してくれるのはやっぱり日系のサロンという人も多いだろう。髪の悩みやイメージチェンジなど、顧客のさまざまなリクエストに応えてくれるヘアサロンを特集。