巻頭特集

春よ来い!花よ来い!

桜祭りカレンダー+おすすめ花見スポット

暖かい日が続き、開花は例年よりかなり早いと予測されるが、今年はコロナウイルスを警戒してか、桜祭りを行わない地域や、まだ様子見のところがある。現時点(3月8日)で予定の出ている桜祭りと、おすすめの桜スポットをまとめた。


桜祭り

3月20日〜4月12日

ポトマック河畔とタイダルベイスン岸を中心に、3750本の桜が咲き誇るワシントンDCの桜祭りは、名実ともに米国内最大規模。今年の開花は少し早く、ナショナルパークサービスによる開花ピークの予想は3月27〜30日。オープニングセレモニーは3月21日、ストリートフェスティバルとパレードは4月4日、花火大会は11日の予定。

 

nationalcherryblossomfestival.org


4月4・5日

フェアマウント公園内のホーティーカルチャーセンター周辺で行われる恒例のフェスティバル。同園および周辺の1600本の桜を愛でながら、ピクニック気分で楽しめる。園内の日本庭園と松風荘も必見ポイント。4月11日には桜祭りの一環として、10Kマラソンが行われる。

 

japanphilly.org/programs/festivals/subaru-cherry-blossom-festival


4月4〜19日

ブランチブルック公園(ニュージャージー州エセックス郡)には4000本の桜が植樹されており、数的にはワシントンDCの桜を上回る。よりリラックスした環境で、ゆっくり桜を楽しむには最高のスポット。18日のファミリーデー、19日の「ブルームフェスト」がハイライトだが、その他にも期間内に自転車レース(4日)、10Kマラソン(5日)、1マイルマラソン&ウオーク(18日)が行われる。

essexcountyparks.org/parks/branch-brook-park


4月25・26日

ニューヨーカーにとっては最も身近でアクセスがいいのが、同園の桜祭り。豪華な花弁をつける八重桜のプロムナードや日本庭園を取り囲むさまざまな品種の桜は見応えあり。2日間に渡るイベントには例年6万人が集まる。リアルタイムの開花状況は同園のウェブサイトで確認できる。

bbg.org/visit/event/sakura_matsuri_2020

開花状況確認ページ: bbg.org/collections/cherries


お花見スポット

 

ニューヨーク植物園

オーキッド(ランの花)ショーやホリデー・トレイン・ショーが人気の同植物園では、桜祭りこそ実施しないものの、園内のあちこちに桜の木があり、他の植物と一緒に花見ができる。撮影ベストスポットは同園のアイコンにもなっている温室前。桜とガラス張りのドームを一緒にカメラにおさめることができる。

nybg.org


ルーズベルト島

マンハッタンのスカイラインを背景に桜の写真を撮るなら、絶対ココ。島の南東のイーストリバー沿いに桜並木がある。今年は残念ながら桜祭りの実施予定はなし。

nycgo.com/boroughs-neighborhoods/manhattan/roosevelt-island


セントラルパーク

園内の随所に桜の木があるが、比較的まとまっているのはレザボア、チェリーヒル、ピルグリムヒル、グレートローン、シダーヒルの辺り。4月8、10、12、15、17日には、レザボア周辺の桜をめぐる園内ツアーが開催される。

centralparknyc.org


チェリーウオーク(リバーサイドパーク内)

ハドソン川沿いの72丁目〜58丁目を南北に走るリバーサイドパークの中を、100〜125丁目に桜が植樹され、見事な桜並木を形成している。

riversideparknyc.org


サクラパーク

前述のリバーサイドパークの西側に接する2ブロックほど(122〜124丁目)のこぢんまりした公園。名前の由来にもなっている桜が園内全域に植樹されており、憩いの場となっている。

nycgovparks.org/parks/sakura-park


クイーンズ植物園

フラッシングにある同園の一角に桜の木がだ円状に植樹されており、「チェリーサークル」と呼ばれて親しまれている。いろいろな種類の桜があるので、色とりどりの桜の花に囲まれながら散歩できる。

queensbotanical.org


フラッシングメドウズ・コロナパーク

地球儀風の巨大オブジェ「ユニスフィア」の前に桜並木があり、例年ここで「クイーンズ桜祭り」が開催されるが、今年の桜祭りは未定。

nycgo.com/attractions/flushing-meadows-corona-park


J・ハーヴェイ・ターニュア・パーク

例年ホワイトプレーンズの桜祭りが行われるこの公園には100本の桜の木があり、春になると住宅街に彩りを添える。今年の桜祭りは未定。


お花見のついでに覗いてみよう!
シェークスピア・ガーデン

ニューヨークで最大の桜祭りのホストとなるブルックリン植物園では、桜の他にも同時期にピークを迎える花がたくさんあるので、探検してみてはどうだろう。おすすめはこぢんまりした「シェークスピアガーデン」。その名の通りウィリアム・シェークスピアの作品に登場する花や植物だけを植えたガーデンで、作品の中に登場する詩や言葉の引用と共に花を楽しむことができる。

同じコンセプトのシェークスピア・ガーデンがセントラルパークにもある。デラコルテシアター(夏にシェークスピア・イン・ザ・パークが実施される場所)に接し、桜の木も近くにあるので、開花のタイミングがよければ、桜の花とガーデンを1枚の写真に収めることができるかもしれない。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。