巻頭特集

春よ来い!花よ来い!

暦の上では春はまだだが、暖冬で花も少しずつほころび始め、春らしさを街中で感じるようになってきた。そこで今号では、気軽に行けるマンハッタンのガーデンと、スケールの大きい郊外のガーデンを紹介。


マンハッタンの隠れ家的ガーデン

マンハッタンにはセントラルパークという大きな都会のオアシスを始め、ブライアントパークやマディソンスクエア・パークなど、1〜2ブロックを占める公園が各所にあり、気軽に息抜きできる。ただ、今回は知る人ぞ知る、隠れ家的なガーデンを紹介しよう。一般の人も無料でアクセスできるところばかりなので、ぜひ仕事の合間にでも行ってみよう。


①フォード・ファンデーション・アトリウム

ミッドタウンのオフィス街にあり、ビルの高さおよそ5階分までの吹き抜けになっている室内ガーデン。ビルの構造を巧みに利用してデザインされたガーデンに40種ほどの植物が美しくアレンジされ、まるでミニ植物園だ。ガラスのドアを開けて中に入ると、ふわりとグリーンな香りが漂い、天窓からの光もふんだんに降り注ぐ。室内なので寒くないのもポイント。マンハッタンでアロマテラピー、森林浴体験をしてみては?

①近代建築の中に隠れた、まさに都会のオアシス。外から見ると一瞬入っていいのかどうか迷うが、開館時間中は出入り自由

 

Ford Foundation Atrium Garden

320 E. 43rd St.
(bet. Tudor City Pl. & 2nd Ave.)
fordfoundation.org


②ザ・ガーデン・アット・セントルークス

ウェストビレッジの落ち着いた街並みに静かに佇むセントルークス(聖ルカ)教会には、併設のガーデンがある。塀で囲まれているので外からはちょっと分かりにくいが、中には自由に入れる。こぢんまりしているがよく整備されたガーデンで、花のアーチもあり、まさしく秘密の花園だ。ベンチもあるので、花を愛でながらゆっくり一休みするにはぴったり。

 

②教会の塀をくぐると眼前に広がる秘密の花園。撮影時はまだつぼみも硬かったので、花が咲き誇る時期が待ち遠しい

 

The Garden at The Church of St. Luke in the Fields

487 Hudson St.
(bet. Barrow & Christopher Sts.)
stlukeinthefields.org


③ティアードロップ・パーク

開発が急ピッチに進むバッテリーパーク地区にあり、高層ビルの隙間に忽然(こつぜん)と現れるのがこの小さな公園。岩の構造をうまく生かしてデザインされており、言うなればニューヨーク風「枯山水パーク」だ。黒い岩と緑、そして周りを取り囲む高層ビルのコントラストがおもしろい。公園から1ブロック西に行くと、ハドソン川沿いの眺望も楽しめる。

③林立するビルの隙間に佇む公園。ハドソンバレーに自生する植物と、切り立つ岩を巧みに配置している

 

Teardrop Park

on Warren St.
(bet. North End Ave. & River Terrace)
bpca.ny.gov

固定ページ: 1 2 3

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。