2016/03/04発行 ジャピオン854号掲載記事

この街に住みたい

フォレストヒルズ❶

 北はグランドセントラル・パークウェー(フラッシングメドウズ・コロナパーク南沿い)から、南はフォレストパーク、西はロングアイランド高速道(州道495号)から東はジャッキー・ロビンソン・パークウェーまでの地区が、クイーンズ・フォレストヒルズだ。古くからその治安の良さと利便性で、マンハッタンのベッドタウンとして栄えてきた。ゆかりの著名人も多い。最も有名なところではサイモン&ガーファンクル。2人の故郷として知られ、さらにはヘレン・ケラーが住んだ街でもある。

 名の通り森と高台の街

 17世紀半ば、今のクイーンズの一部は、オランダ人入植者によって「ニュータウン」と呼ばれていた。その中の「ホワイトポット」と呼ばれたエリアが、今のフォレストヒルズだ。川が干上がってできた土地だったため、オランダ語の「PUT(くぼ地)」から付いた説が一つ。もう一つは、オランダ人が米先住民から、白 い土器(ホワイト・クレイポット)三つと土地を交換したから、という説だ。後者の方が「らしい」説といえる。

 フォレストヒルズと改名されたのは1906年。当時の大地主だったサミュエル・ロード(ロード&テイラー創業者)の死後、その土地をロード一家から購入したブルックリンの弁護士・土地開発業者コード・メイヤーが名付け親だ。

 南端にフォレストパークを控え、さらには高台であることから「フォレストヒルズ」=「森と高台の街」となった。事実、標高が高いので「豪雨でもフォレストヒルズは浸水しません」とは、当地の不動産エージェント、米田社史さんの弁だ。

米最古の計画都市の一つ

 フォレストヒルズといえば、三角屋根のテューダー建築が印象的。市内広しといえど、この建築様式が見られるのはこの周辺だけだ。その背景は、フォレストヒルズ・ガーデンズという、コーポラティブ・コミュニティーの歴史の中で語られる。ロングアイランド鉄道(LIRR)のフォレストヒルズ駅南側約175エーカー(1万7500平方メートル)が、フォレストヒルズ・ガーデンズだ。

 「イメージズ・オブ・アメリカ~フォレストヒルズ」(ニコラス・ハーション著、アーケーディア出版)によると、1909年メイヤーからこの土地を購入したラッセル・セイジ・ホームズ財団が、「万人のための街づくり」を掲げて開発した新興住宅地がここ。全米でも最古の「計画都市」の一つだ。

 モデルプランは、イギリスのガーデンシティー。都心に近く、緑に囲まれた郊外っぽい閑静な住宅地、でも郊外ではない――マンハッタンの通勤圏であるフォレストヒルズには、ぴったりのコンセプトだった。

 財団がデザインを委託したのは、建築家グロスベノル・アターベリーと、景観設計家フレデリック・ロー・オルムステッド・ジュニア(セントラルパークの景観設計家の息子)。このアターベリーが、テューダー建築を全面的に取り入れた。

 テューダー建築とは、15~17世紀初頭のイギリスの建築様式で、伝統的なゴシック様式にイタリア・ルネサンスの装飾的要素を加えた後期ゴシック建築のこと。特徴は、露出した梁(はり)や、真ちゅう、レンガ、粘土塀など。視覚的な垂直効果も特徴で、三角のとんがり屋根がそれだ。

 現在フォレストヒルズ・ガーデンズには、約800戸の一戸建てやタウンハウスに、11棟のアパートビル、教会などがある。今も当時のテューダー建築がそのまま残る。というのも、「景観保護契約」があり、敷地内の不動産を購入する人は、これに署名しなければならない。この契約が、100年以上たった現在も機能しており、ニューヨークタイムズ紙などは、折に触れてその良し悪しを指摘する。21世紀の都市・住環境の変貌に取り残される懸念と、おとぎの国のような古き良き住宅文化を将来に残す意義、この二つの板挟みというやつだ。

 ちなみに、開発資金が予想以上にかさみ、当初「万人向け」だったはずの新興住宅地が、出来上がってみたら中流階級以上でないと購入できなくなっていたという。月最低25ドルの住宅ローンを払える人でないと、購入が許可されなかった。1900年代初頭の月25ドルといえば、相当な金額だろう。

 隣接するLIRRのフォレストヒルズ駅は、オープンしたのが1906年。数年後にフォレストヒルズ・ガーデンズが完成している。同時に、メイヤーとホームズ財団が4万ドルを掛けて駅を改築。コミュニティーの不動産価値をさらに押し上げた。(佐々木香奈)

1906年にオープンしたロングアイランド鉄道(LIRR)フォレストヒルズ駅。1910、11年に改築された頑丈な石造り
コーポラティブ・コミュニティー、フォレストヒルズ・ガーデンズには、こうした三角屋根のテューダー建築の建物が並ぶ
LIRRの駅に面したフォレストヒルズ・ガーデンズ広場。これらの敷地は全てプライベート。一般車は通行できるが、駐車はできない

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画