この店の話題をひとくち

【アロカ】インドの伝統とモダンを優雅に表現するミシュランレストラン

アロカ

インドの伝統とモダンを優雅に表現するミシュランレストラン

「チョレーバトゥーラー(16ドル)」は、週末のブランチ限定メニュー。ひよこ豆をふんだんに使用した伝統的なインドカレーは、素材本来の味とスパイスが絡みクセになる一品

 

ワンランク上のインド料理体験ができると評判のアロカはオープンし今年で7年目を迎える。インドの伝統料理をモダンなテイストで堪能でき、洗練されたカクテルメニューも豊富だ。2001年にミシュラン星を獲得し、その後数々のガイドブックにも掲載される人気店だ。

ゲストが一度に複数の料理を味わえる小皿料理を中心に、グルテンフリーやビーガン、ベジタリアン、乳製品不使用の料理も揃い、食の多様性にも対応したメニューがあり、友人との食事も気兼ねなく訪れられるのも嬉しい。

米とレンズ豆、煮詰めた玉ねぎ、コリアンダーと合わせて炊き込んだ「キチュリー(18ドル)」はヨーグルを添えて

 

中でも特に人気のチョレーバトゥーラーは、ひよこ豆をふんだんに使用した甘味とスパイスがほどよく効いたカレーで、ブランチ限定メニュー。ディナーメニューで人気のあるチキン・コフタニハリは、自家製ボーンスープソースをかけた鶏ひき肉の料理で、伝統的な料理を同店がアレンジ。

「チキン・コフタニハリ(28ドル)」は、自家製ボーンスープソースをかけた鶏ひき肉使用。

 

カクテル専属のディレクター、プラサドさんが創造するカクテルは、料理を引き立てる香り豊かなスパイスやハーブ、自家製のジュースとシロップを使用し、料理との相性を見事に体現している。


 

aRoqa

206 9th Ave.

TEL: 646-678-5471

aroqanyc.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1218

お洒落を楽しむ秋 ニューヨークのメンズファッション

秋の気配が漂ってきた今日この頃、ワードローブも夏物から秋物へと入れ替える時期。本号ではニューヨークのメンズファッション情報を紹介。季節の変わり目のお買い物に役に立つトレンドや最旬メンズブランドをチェックしよう。

Vol. 1217

紅茶をめぐる冒険

初秋の訪れとともに飲みたくなるのがポットで淹れた紅茶。茶葉やブレンドによって異なる香りと味は、私たちをくつろぎと恍惚の世界に誘い、またある時は懐かしい記憶を辿る道標にもなってくれる。極上の一杯を求めて、ニューヨーク紅茶めぐりの旅、はじまりはじまり。

Vol. 1216

進化し続けるトイレの世界

日本が世界に誇る「おもてなし」文化の象徴といえるトイレ。高品質なだけでなく、利便性の面でも多種多様な機能を備え進化し続ける日本のトイレ製品。日米のトイレ事情の違いなど、今号ではさまざまな角度からトイレについて学んでみよう。

Vol. 1215

今気になるヘアサロン&大人の男が通う新・バーバー

コロナ禍で指名のスタイリストが帰国したり、お店がクローズしたりと何かとアップデートが必要になるヘアサロン事情。髪質やニュアンスの違いを理解してくれるのはやっぱり日系のサロンという人も多いだろう。髪の悩みやイメージチェンジなど、顧客のさまざまなリクエストに応えてくれるヘアサロンを特集。