巻頭特集

日本の酒、 夏の家飲み!

切って混ぜるだけの
「トマトとシソのサルサがけ冷奴」

 

 

ポン酢とシソで和風っぽい仕上げに。サルサにもっととろみをつけたければ、オリーブオイルの量を増やして(ポン酢と同量もしくは2倍)十分かき混ぜ、乳化してからトマトにからめると良い。トマトを色とりどりのミニトマトにすれば、華やかな一品にもなる。またカイエンヌペッパーでちょっと辛くしてもおいしい。サラダ感覚でもりもり食べる一品。

作り方

①トマトはさいの目切り、玉ねぎ、シソの葉はみじん切りにする。

②ボウルに野菜、ポン酢、オリーブオイルを入れて軽く混ぜる。

③豆腐を食べやすいお好みの大きさに切り、皿に盛る。

④トマトサルサをかける。

取材:2人分

•トマト 中1個

•シソの葉 4〜5枚

•玉ねぎ 1/8個

•豆腐 1/2パック

•ポン酢 大さじ2

•オリーブオイル 大さじ1


新川さんのペアリング

天明槽しぼり
純米火入れ

 

 

味わいにボディーがあり、「お米感」が心地よく、ほんのりバナナ系の香りがする純米酒。酸味、うま味、甘みのバランスがよく、トマトと豆腐、オリーブオイル、ポン酢の和洋折衷の味をうまくまとめてくれる。また、冷や、ロック、酒ハイボールなどいろんな飲み方で遊べる。

曙酒造
akebono-syuzou.com


楯野川純米大吟醸
PHOENIX

 

 

チェリーやラズベリーを思わせる香りと、お米の柔らかい味わいが、トマトのうま味とよく合う。アルコール度数が低めで軽く、トマトサルサがたっぷりかかった冷奴と一緒にくいくい飲める。フランスのポップロック・バンドのPHOENIXとコラボして開発したお酒。

楯の川酒造
tatenokawa.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1109

夏のアートを体験しよう!

さまざまなアートを身近に触れられる芸術の街、ニューヨーク。話題のゴッホ展をはじめ、いよいよ全面オープンとなった市内の美術館でも、夏に向けてさまざまな展示会が始まっている。この夏はアートを存分に満喫しよう!

Vol. 1108

知っておきたい 大学進学への心得  日本編

米国からの帰国生が大学受験において知っておくべきことはなんだろうか? 先週号に引き続き大学の進学事情をお届けする今週号では、海外から日本の大学を受験するための基礎知識と基本最新情報を徹底解剖する。

Vol. 1107

知っておきたい 大学進学への心得  米国編

子供を持つ家庭において教育課程の最難関ともいえる大学進学。そこで、これから大学進学を控える親子が知っておくべき基礎知識と最新情報を、米国編と日本編の2回に分けて特集する。今号は、米国の大学にまつわる受験事情をご紹介!

Vol. 1106

フレキシタリアンのすすめ

昨今にわかに注目を浴びる「フレキシタリアン」ダイエット。一体どんなメリットがあり、どう実践したらいいのか? 今号ではフレキシタリアンの考え方をうまく自分の食生活に取り入れる方法を紹介する。