巻頭特集

日本の酒、 夏の家飲み!

真夏のニューヨーク。いつもならルーフトップバーで開放的に酔いしれるところだが、今年はソーシャルディスタンスを重視して「おうち」志向。そこで今号では、「夏」「家飲み」「手軽」をキーワードに、日本のお酒を家でより一層楽しむためのアイデア、カクテルレシピ、おすすめペアリングを紹介する。(取材文/古村典子)


夏らしい飲み方を自在に演出おすすめは「酒ハイボール」

夏向きのお酒、おすすめの飲み方について、酒コンサルタントの新川ヘルトン智慈子さんに聞いた。

暑い季節に家でお酒を楽しむには、どんなタイプ、サーブの仕方がおすすめですか?

実はどんなお酒でも飲み方を変えるだけで夏らしく楽しめます。すっきりした吟醸系のお酒やスパークリング酒はもちろん確実ですが、もし家にこっくりした味わいの山廃や生酛(きもと)のお酒があったら、それにカチ割り氷を入れてオンザロックにして飲むとか、またそれをセルツァーで割ってハイボールスタイルにするとか、ライムを搾ったりレモンを添えたりするだけで表情が変わります。

グラス選びもポイント。もしスパークリング酒を飲むなら、もちろんフルートグラスでおしゃれな感じにするのもいいですが、せっかく夏なので大振りのタンブラーやメーソンジャーでじゃぶじゃぶ飲むのもいいと思います。

 

新川さんのこの夏一番のおすすめは酒ハイボール。ベースのお酒はなんでもOK。写真手前は梅酒ハイボール、奥はにごり酒ハイボール

 

アルコール度数が少なめ、低カロリー、そしてスパークリングというハードセルツァーがはやっていますが、日本のお酒でこの三拍子そろったものはありますか?

酒ハイボールがおすすめです。すっきりとしていて、私も個人的に家でよく楽しんでします。酒ハイボールにするなら日本酒も種類を選ばないので、繊細なお酒でなくても、お値段がリーズナブルなお酒や、一度開けて古くなっちゃったかなというようなお酒でもおいしく作れます。にごり酒、梅酒、ユズ酒、純米、山廃・生酛、本醸造など何でもいけます。

基本はグラスに氷をたっぷり入れて日本酒半分、セルツァー半分。ちょっとカクテル感を出したかったらレモンやライムを搾るといいですよ。

バーベキューにお酒を合わせるとしたら?

お肉やスモーキーな食材を食べると、口の中も油やソースでベタついてしまいますが、強炭酸で割った酒ハイボールがそれをさらっと流してくれます。

ビールが好きな人には、ビールとにごり酒を1対1で割ったカクテルをおすすめします。ベルギーの白ビールのような、角の取れた丸い味のビールカクテルになります。それにオレンジスライスを入れるとおしゃれになりますし、バーベキューにも合いますよ。

蒸留酒で夏らしいカクテルを作るとしたら、強炭酸で割っても味わいが残るものを使うのがいいと思います。お好みに合わせて焼酎の種類や度数、ガーニッシュを変えるだけで簡単にいろいろな味が楽しめます。

しっかりとした味わいの日本酒なら、古い固定観念を忘れて、オンザロックもOK

 

新川ヘルトン智慈子さん

酒ソムリエで、日本酒マーケティングコンサルティングを専門とするSake Discoveries代表。
酒サムライの称号も持つ。
sakediscoveries.com
@sakediscoveries
@sakediscoveries

固定ページ: 1 2 3 4 5

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。