巻頭特集

街着で取り入れるスポーツ&アウトドアファッション

春も目前になり、春夏ものが店頭を賑わせるこの季節。タウンユースも出来るスポーツ&アウトドアブランドはお洒落で着心地も良く、機能的。本号では街着でも取り入れられるスポーツ&アウトドアブランドを紹介する。(取材・文/菅 礼子)


なぜ?スポーツ&アウトドアブランドが街着としてお洒落なの?

近年スポーツブランドやアウトドアブランドをタウンユースしているお洒落な人々が増えている。街着としても利用できるデザインに仕上げているブランドも多く、いつものカジュアルスタイルにスポーティーな要素を取り込んで新鮮味を加えるのに適している。お洒落と機能性を兼ね備えたスポーツ&アウトドアブランドがなぜ人気なのかを紐解いてみよう。

コロナ以降広がるアウトドア志向

米国はお国柄、雄大な自然に囲まれた都市も多く、ニューヨークにおいてもちょっと足を伸ばせばアップステートなど、気軽に自然を楽しむことが出来る。自然が身近にあることからアウトドアに触れ合ってきた人も多いことだろう。それが新型コロナウイルスの3密回避によってアウトドアブームに拍車をかけ、売上は右肩上がりとなった。アウトドアブランドは普段のコーディネートとも相性が良く、カラフルなカラーリングは取り入れることによってスタイリングのスパイスにもなるため、タウンユースも出来るとなるとコストパフォーマンスも良い。

スポーツウエアも同様で、ジムに行く服装で街中を動き回る米国ではジムに行ってからジム着に着替えるという概念がない。スポーツウエアに対しても機能性だけでなく、お洒落が備わっていることが好ましいわけだ。また、「パタゴニア」を初め多くのブランドがサステナビリティーの企業理念を掲げ、こうしたステートメントに共感し、ウエアの購入に繋がるケースも多い。

機能面だけでない、お洒落なデザインが増加

スポーツブランドやアウトドアブランドは本来の目的のためにそれぞれに合わせた機能が充実しているのは言うまでもないが、ひと昔前は機能のみでファッション性が伴っていないブランドも多かった。「ナイキ」を筆頭に、「アディダス」や「プーマ」など、大手ブランドは近年ファッション性を持たせたアイテムも多く、街着として取り入れるだけでお洒落に見える。またこれらのブランドが、ファッションブランドとコラボレーションし、限定商品を販売する動きが活発化している。

最近では「ナイキ」が宝飾ブランド「ティファニー」と、アディダスは「プラダ」や「グッチ」とコラボレーションし、バッグやスニーカーを限定販売するなど、ラグジュアリーブランドもスポーツブランドやアウトドアブランドと組むことがトレンドの一つとなっている。

ブランドだけでなく、「キス」や「ノア」など、トレンドのアイテムを取り扱う若い世代に人気のセレクトショップも同様のコラボレーションを定期的に行っており、こうした動きは話題性を持たせることで市場を活性化させるための起爆剤になっている。

 

ナイキとティファニーのコラボレーションスニーカー

 

ヨガブランドが街着として台頭

女性たちの街着として売上を伸ばしているのが「ルルレモン」や「アロ」に代表されるヨガウエアブランドだ。「ルルレモン」のヌール素材(Nulu™)️を使用したアラインシリーズlululemon Align™)のレギンスは軽くて肌触りが良く、丈夫で通気性や吸汗発散性にも優れているため、その履き心地の良さはお墨付きで、ヨガウエアとしてだけでなく、街着として着用している女性たちを多く見かける。

ヨガウエアの「アロ」もカリフォルニアのリラックスした空気感が人気で、ヨガウエアだけでなく、ラウンジウエアも街着として着るとお洒落だ。ヨガ愛好家たちは質の高いライフスタイルを求める傾向が強く、彼らのコミュニティーから発信されたお洒落なイメージと着心地の良さが波及し、今では押しも押されもせぬ大人気ブランドとして脚光を浴びている。

アロのラウンジウェア

ルルレモンのアラインシリーズ

関連記事

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられ

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。