【編集部が行く! マンハッタン写真レポ】イーストビレッジ〜ノリータ

編集部がマンハッタンの街並みを写真で紹介する「写真レポ」。今回は、イーストビレッジ〜ノリータを紹介していきます。

 

イーストビレッジの街並みは、日系スーパーマーケット「サンライズ」からスタート。隣接する「パン屋」共に、時短営業中です。

 

アスタープレイス駅近くにあるパブリックアート。普段はベンチで休む人でにぎわっていたはずが、現在は座っている人もあまりいない。

 

ラファイエット通りにある劇場、「パブリックシアター」も臨時休館中。セントラルパークで毎年夏に開催されるシェイクスピア劇も、今年は中止です。

 

NYUのフィットネスセンター。営業中のような垂れ幕を見つけたのですが、やはり臨時休業中。学生たちも自宅で筋トレでしょうか。

 

マンハッタンに数店舗を持つ「ルヴァン・ベーカリー」。今年オープンしたばかりのノーホー店は、他店同様、営業中。店内のイラストがかわいいですね。

 

ブリーカーストリート駅を地上に出るとすぐの同店は、入り口で注文後、その場で店員がすぐ用意してくれます。店内での注文は1組ずつですので、次の人はドア外で待機。

 

おいしいクッキーを購入後は、そのままラファイエット通りを下りてノーホーへと入って行きました。普段から人通りが少ない路地裏は、もちろん無人。天気のいい日でしたが、静か過ぎて風の吹く音しか聞こえません。

 

 

普段は、ショッピングバッグを持った観光客でにぎわっているだけに、行き交う車も人もまばらです。

 

ドラッグストア「デュアン・リード」は、店頭も店内もガラガラ。

 

朝食で人気の「ジャックス・ワイフ・フリーダ」は臨時休業中でしたが、隣の「エドズ・ロブスター」は営業中で、テイクアウトも可能だそうです。

 

「メキシコ料理店(ラ・エスキーナ)」は営業中。

 

テイクアウトに並ぶ人たちは、ソーシャルディスタンスを保って順番待ちをしていました。

 

ソーホー同様、ノーホーとノリータも普段ならばにぎわっているエリアですが、この辺りは、住民も他エリアに比べ少ないのか、本当に静まり返っていました。いくつかの飲食店は営業中ですが、苦戦しているように見えました。復興への道のりは険しそうです。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。

Vol. 1090

新規オープン店に見るNYC

「コロナ禍の今こそあえて」、あるいは「元々のオープン予定がずれて」などの理由で、2020年秋冬にニューヨークで新たにビジネスを始めたオーナーたち。オープンから数カ月経った今、その率直な現状を聞いてみた。