巻頭特集

ニューヨークで犬猫と過ごす快適ライフ

ドッグ&キャットフレンドリーなカフェへ

ワンちゃんと一緒に仕事にも
集中できる老舗カフェ

イーストビレッジのトンプキンズスクエアの近くにあり、ニューヨーク州保健局の初の認可を受けた犬を同伴できるカフェ。共同経営者の2人の飼い犬、ボリスとホートンから名付けられた。店内ではコーヒーやエスプレッソなどのカフェはもちろん、ワインやビール、フードを楽しむことができ、犬用に「ボリス&ホートン」オリジナルのドッグトリート(おやつ)も販売されている。また多くの犬が永遠の家族を見付けられるように里親募集のイベントも開催されている。多い時は週に5日ほどイベントがあるのでチェックを。

Photo by Boris & Horton

Boris & Horton
195 Ave., A. 212-510-8986
borisandhorton.com


養子も迎えられる
猫カフェで家族探し

ニューヨーク初の猫カフェで、これから猫を飼いたい人向けに里親募集を行っている。特定の猫に興味がある場合は、カフェにその猫がいるかを問い合わせて会うこともできる。猫カフェには多くの猫がいるため、猫を家族の一員に迎えることを希望する人は猫とのコミュニケーションが取れるが、事前予約が必要。ビジターは1回50分まで、大人1人$16から猫と戯れることができる。子供は決まった時間帯のみカフェに入ることが可能。里親が見つかるまで一時的に猫を預かり家庭に慣れさせる「フォスター」もウェブサイトより募集している。

Photo by the Meow Parlour

Meow Parlour
46 Hester St.
meowparlour.com


豪華なドッグメニューが充実のレストラン

ドッグフレンドリーなホテル「インサイド・メリア・ニューヨーク・ノマド」の一階にあるドッグフレンドリーなレストランが「ザ・ウィルソン」だ。愛犬家がたくさん宿泊するホテルで、犬たちにも心地のいい滞在ができるレストランにしようと犬専用のメニューがスタートした。ガラス張りになった屋外のスペースでは犬たちがドッグベッドに座ってくつろぐ様子が見られる。ゲストの約30%が犬たちを連れてこのレストランにやってくるのだという。気になるドッグメニューは「グリルドチキン」($16)や「グリルドステーキ」($24)など、飼い主顔負けの豪華さ。ビスケットやスライスフルーツなど、ヘルシーで軽めのトリートまで用意されている。ドッグフレンドリーなニューヨークではあるが、ここまで豪華な犬専用のメニューが提供されているレストランは少ない。レストラン自体はオイスターなどの新鮮な魚介類から、ポークチョップやステーキまで、ダイナミックな肉料理も提供されているため、特別なシーンに犬たちを同席させることもできる。「インサイド・メリア・ニューヨーク・ノマド」は一泊あたりの追加料金で犬の宿泊が可能。ホテルに問い合わせを。

「グリルドステーキ」($24)は犬たちにとってごちそう!

Photo by The Wilson NYC

The Wilson NYC
132 W. 27th St.
212-529-2671
eatatthewilson.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。