巻頭特集

フーフーしちゃう!? World煮込み特集

U.S.A.
Louisiana

ガンボ Gumbo


What’s “Gumbo”?

テキサス、ミシシッピ、アラバマ、ジョージア、ルイジアナなど、アメリカ南部での伝統的な家庭料理。とろみを付けるため、オクラかフィレパウダーを使うのが一般的。ルイジアナでは、両方を混ぜて使うことはほとんどないそうだ。

「ガンボ」の語源は、「オクラ」を意味するアフリカの言葉から来ている。具材は、野菜や甲殻類、ソーセージなどで、バターではなくラードを使用して作られる。

Tasting

「Cajun chicken & Sausage gumbo」は、伝統的な一皿。野菜の甘みがしっかり沁み込んでいて、想像よりも辛くない。写真下の「Nanny’s seafood gumbo」は、エビの風味が強く、ピリ辛な味わいが最高。どちらもライスと共に食べるため、おなかもいっぱいになる。「The Gumbo Bros」には2種類のサイズがあるので、おなかの空き具合に合わせて選ぼう!

 

The Gumbo Bros
224 Atlantic Ave., Brooklyn, NY 11201
TEL: 917-909-1471thegumbobros.com



Brazil

フェジョアーダ Feijoada

 

What’s “Feijoada”?

「フェジョアーダ」という言葉の意味は、「豆(インゲンマメ)を使った料理」。豆と豚肉または牛肉を煮込んだものだ。ブラジル、ポルトガル、東ティモールなど、ポルトガルおよびその植民地を中心に独自の発展をとげてきた料理でもある。

使われる素材は国によって異なるが、多くのフェジョアーダは調理時間が長く、塩だけで味付けするのが一般的。材料の種類が多いのも特徴で、トロトロになるまで煮込む。

Tasting

ドライミート、豚肉、ソーセージ、ベーコンと4種類も肉が使われおり、かなりボリューミー。塩気のあるスープは少しハーブ風味が効いていて、それぞれの肉で味と食感が異なるのが面白い。

写真下のもう1品「Vatapa」は、ほんのりスパイスが効いてるが、玉ネギやニンジンなど野菜のやさしい味が中心。アンコウとエビは素材そのままの味で仕上げている。

 

Ipanema
43 W. 46th St.
TEL: 212-730-5848ipanemanyc.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。