巻頭特集

フーフーしちゃう!? World煮込み特集

寒いこの時期は、家で鍋が定番という人も多いだろう。日本の鍋もいいが、世界の味が集まるニューヨークでは、さまざまな煮込み料理を食べて芯から温まってみてはいかが?(取材・文/音成映舞)



人は寒いと、

なぜ温かい料理を食べるの?

寒くなると、なぜ人は鍋料理やシチュー、煮込みうどんなど、温かい料理が食べたくなるのだろうか?

冷気を浴びて体力が落ちたり、乾燥した空気で喉が荒れたり、風邪をひいたりと、体調を崩しやすいこの時期は、そもそも体温が低くなりやすい。また、睡眠不足、栄養不足、疲れやストレスなどから、体に入ってきたウイルスを倒す「白血球」の働きも弱くなりがちだ。

冬を乗り切るには、まず寒さに負けない体力づくりを目指し、栄養価の高い料理を摂取することが大切。例えば、トウガラシやペッパーなどの香辛料や、ショウガなどは、体がポカポカして冷え性などにも効果的だ。白菜は食物繊維が多く、ネギに含まれるアリシンという成分は疲労回復が期待できる。

定番、博多のモツ鍋

こうした栄養価の高い食材を一気に取れるものといえば、鍋やシチューなどの煮込み料理だろう。水炊き、モツ鍋、ビーフシチュー、ホワイトシチュー、スープなど。野菜や肉、魚類を鍋に入れて、グツグツと煮込めば出来上がり。後片付けもサッと時短できるとあれば、老若男女問わず、つい作りたくなってしまう。

ただし、気を付けなければならないのは食べ過ぎ。具材を足し、シメにはご飯や麺類を加える鍋は、ついつい必要以上に食べてしまうことも多い。さらに食後そのまま寝ると、運動不足で体にとっては逆効果。寒いからといって部屋にこもりがちになるのも良くない。適度な運動も忘れないよう心掛けよう。

次からは、世界中のおいしい煮込み料理が食べられる、ニューヨークならではの「煮込み料理オススメ店」を紹介していく。

 

固定ページ: 1 2 3 4

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。