巻頭特集

フーフーしちゃう!? World煮込み特集

寒いこの時期は、家で鍋が定番という人も多いだろう。日本の鍋もいいが、世界の味が集まるニューヨークでは、さまざまな煮込み料理を食べて芯から温まってみてはいかが?(取材・文/音成映舞)



人は寒いと、

なぜ温かい料理を食べるの?

寒くなると、なぜ人は鍋料理やシチュー、煮込みうどんなど、温かい料理が食べたくなるのだろうか?

冷気を浴びて体力が落ちたり、乾燥した空気で喉が荒れたり、風邪をひいたりと、体調を崩しやすいこの時期は、そもそも体温が低くなりやすい。また、睡眠不足、栄養不足、疲れやストレスなどから、体に入ってきたウイルスを倒す「白血球」の働きも弱くなりがちだ。

冬を乗り切るには、まず寒さに負けない体力づくりを目指し、栄養価の高い料理を摂取することが大切。例えば、トウガラシやペッパーなどの香辛料や、ショウガなどは、体がポカポカして冷え性などにも効果的だ。白菜は食物繊維が多く、ネギに含まれるアリシンという成分は疲労回復が期待できる。

定番、博多のモツ鍋

こうした栄養価の高い食材を一気に取れるものといえば、鍋やシチューなどの煮込み料理だろう。水炊き、モツ鍋、ビーフシチュー、ホワイトシチュー、スープなど。野菜や肉、魚類を鍋に入れて、グツグツと煮込めば出来上がり。後片付けもサッと時短できるとあれば、老若男女問わず、つい作りたくなってしまう。

ただし、気を付けなければならないのは食べ過ぎ。具材を足し、シメにはご飯や麺類を加える鍋は、ついつい必要以上に食べてしまうことも多い。さらに食後そのまま寝ると、運動不足で体にとっては逆効果。寒いからといって部屋にこもりがちになるのも良くない。適度な運動も忘れないよう心掛けよう。

次からは、世界中のおいしい煮込み料理が食べられる、ニューヨークならではの「煮込み料理オススメ店」を紹介していく。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。