巻頭特集

繊細なセンスでニューヨーカーを魅了している日本人の女性アーティストたちを紹介

マルチな表現力で日本の伝統美を伝える
金継ぎジュエリーアーティスト 北川聖子さん

ボストンを拠点に活動する北川聖子さんは、着物の着付けサービスを運営する傍ら、金継ぎジュエリーアーティストとしてオリジナルブランド「フゾロイ」を製作・販売している。地元愛媛の砥部(とべ)焼や有田焼など日本の焼き物を使用したイヤリングやネックレス、かんざしは、日本独自の修復技法である金継ぎを用いて加工されているのが特徴だ。

︎ハート型にかたどられたジュエリーはグリーフケアとして製作

特に、北川さんが取り入れる「呼び継ぎ」と呼ばれる手法は、割れた陶器の欠けた部分に異なる素材を組み合わせて漆や金の粉でつなぎ合わせる、江戸時代から伝わるもの。日本の焼き物以外にも近所の工房から譲り受けた陶器の欠片や海で拾ったシーグラス、天然石など産地も形も全く異なる素材を合致させていくが、そこに偶然が生み出す美があるという。

陶器の欠片そのものからインスピレーションを得て、無心になってつないでいく工程の中で、「偶然合致するものを見つけた瞬間に喜びを感じます。朽ちてさびてしまったものも『美』と捉えるのは、日本ならではのわびさび文化ですよね」と北川さん。

また、一度壊れてしまったものを補いながらつなぎ合わせたジュエリーは、人の傷付いた心に寄り添うグリーフケアとしても購入されることがあるとか。喪失体験をしたあるアメリカ人客から「あなたのジュエリーを家族全員で身に付けたい」というオーダーから、「壊れても心はまた強くなる」という思いを込めて製作したハート型の呼び継ぎジュエリーは、北川さんにとっても特別な作品だ。

活動のベースに美的感覚

もともと東京でダンサーとして活動していた北川さんは、ブルーマンのパフォーマーであるアダム・エルドッシーさんとの結婚を機に来米。専業主婦として3年過ごしたのち、「自分の持っているスキルで貢献できることは何か」と考え、米国で着物の着付けやレンタルサービスを行う会社を立ち上げるが、その後、夫のワールドツアーに同行中に東京で金継ぎのクラスを受講したことがブランド設立のきっかけとなった。

砥部焼作家とのコラボ作品

「ダンサーとしてのパフォーマンス、着物の着付け、ジュエリー製作と一見バラバラに見えますが、どの仕事も根底ではつながっている感覚です」。人をどう美しく彩るかという持ち前の美的感覚を駆使しつつ、北川さんは精力的にさまざまな活動を行う。

米国での着物文化の普及やチャリティー活動にも力を入れ、11月にはボストンきものフェスを開催。さらに今後は金継ぎ技術を生かし、ガラス細工やクラフトなど他業種の職人ともコラボしていきたいと目を輝かせる。「物だけでなく人をつなげることが好きなんです」。日本の文化をあらゆる角度から伝える、北川さんの挑戦は続く。

All Photos by Fuzoroi

 

 

北川聖子さん

愛媛県松山市生まれ。
大学卒業後プロダンサーとして数々のイベントに出演。
2012年に来米後、15年に和服の着付けサービスの会社をボストンに設立。
19年、金継ぎジュエリーブランド「フゾロイ」を開始。
Instagram: @fuzoroi_kintsugi_jewelry
WEB: seikokitagawa.com


女性アーティストに出会えるスポットはここ!

ここでは、市内で日本人女性アーティストによるサービスやワークショップが受けられる場所を紹介する。ニューヨークにいながら日本人の技術を体験できるスポットにぜひ訪れてみよう。

New York Togei Kyoshitsu
5 W. 30th St., 3Fl./TEL: 212-268-1711/nytogei.com

コリアンタウンで25年以上親しまれているニューヨーク陶芸教室は、当地では希少な陶芸体験を提供している。教室内には3台の焼き窯があり、2代目オーナー兼陶芸家の西森リサさんをはじめ、熟練のスタッフの指導の下、実際にろくろを回しながら陶芸に挑戦できる。

1日体験クラスでは初心者向けのコップと皿を製作し、約2〜3週間で焼き上がる。2時間、$75で要予約。その他、本格的に陶芸を学びたい人に向けたプロフェッショナルコースやスタジオを24時間利用できるメンバーシップも用意している。


Lashes By Chito
64 Grand St., Unit 2, Brooklyn, NY 11249/TEL: 646-468-9010(テキストのみ)/lashesbychito.com

アイラッシュアーティストのチトさんらによる極上の施術が受けられるのは、ブルックリン区ウィリアムズバーグにあるアイラッシュサロン「ラッシーズ・バイ・チト」だ。

「女性としての自信を取り戻す場所」をコンセプトに、ビーガンのまつげエクステンションやオーガニックケラチンを使用した日本式プランラッシュリフト、眉毛の毛流れを矯正するブロウラミネーションなど豊富なメニューを提供している。アロマの香りやリラックスできる音楽が流れる心地良い空間で、日本人ならではのおもてなしを受けてみては。


Loop of the Loom
227 E. 87th St., #E/TEL: 212-722-2686/loopoftheloom.com

毎週金曜、「ループ・オブ・ザ・ルーム」ではファイバーアーティストの鶴田伸子さんが「さをり織り」を教えてくれる。織り方にルールがなく、自分の感じるままにただ好きに織っていくというフリースタイルの手織り技法で、メディテーションとしても注目される「さをり織り」。

同スタジオでは、機織り機を使用してタペストリーを製作する入門クラス($75)や、1日中自由にくつろぎながら製作できるマインドフル禅織りセッション($160)など幅広く用意。500以上の色取りどりの糸を使って織り物に没頭してみよう。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。