巻頭特集

2020年秋冬にニューヨークで新たにビジネスを始めたオーナーたち

スキンディープNYC (メディカルスパ)

コツコツ準備して怖いものなし!

「美容先進国アメリカで、しっかり結果が出る美容医療のクリニック経営に携わりたい」という思いから、2020年9月にミッドタウンで「スキンディープNYC」をオープンさせた名取由稀江さん。銀座の「エンパイア・ニューヨーク・ネイルスクール東京」、ニューヨークのスパサロン「ユキエ・ナトリ・ニューヨーク」をはじめとした美容ビジネスを展開している。

 

角質を除去しながら肌をマッサージする「ハイドロフェーシャル」は、同店のおすすめサービスの一つ

 

オープン目前で
先の見えない待機突入

美容医療の医師が駐在し、最新機器の数々で施術を行うことが売りの「スキンディープNYC」の、当初のオープン予定は、なんとロックダウン中の20年3月だったそう。

「半年前から準備していて、このロックダウンも『1カ月くらいかな?』と思っていたら、いつまで経っても見通しが立たず…」と名取さんは苦笑い。店舗・スタッフ共に準備万端の状態で、実に6カ月も待ちぼうけをくらってしまった。

日本からニューヨークに戻ってきたばかりだったという名取さんは、自主隔離期間中だった。とにかくスタッフと「できることをしていこう」と励まし合ったという。名取さんはとにかく全員が感染せず、安全に過ごせるよう腐心した。

 

医師が扱える特別な薬品や機器の効果を実感できるのが、美容医療。こちらはビタミン注射前のカウンセリングの様子

 

事業主も置いてけぼり?
細かすぎるガイドライン

ロックダウンの段階解除は各事業主に通達がある訳ではなく、一般市民と同じように州ウェブサイトを確認する日々だった。定員の50%という条件付きで7月に再開OKとなり(これも直前に知った)、合わせて州の衛生ガイドラインが設けられたが、これがかなり細かいそう。

「消毒剤の種類や使い方、スクリーニングや検温の手順、そして手袋の脱ぎ方まで、全てに細かい規定があります。オンラインで勉強して証明書をもらい、自分でも従業員に指導しました」

また予約の合間に消毒が必要なので、通常よりも少ない予約数になってしまうという欠点も。

6フィート間隔を促すステッカーや、感染予防に準拠していることを示すポスターを導入することには賛成な一方、高級感あふれたシックな内装とのアンバランスさに、内心ため息をついたそう。しかし、これらのきめ細かいルールを網羅した現在は、スタッフの衛生管理には自信あり。

人が戻るタイミングが
今後のビジネスの鍵に

現在の客層は非常に幅広く、20〜70代。ただ、この騒動でニューヨークを離れた人は多い。ミッドタウンはビジネス街なので、リモート体制が続くのも、客足が戻らない一因だ。「リモート勤務はダウンタイムが目立たないので、絶好の施術チャンスなんですけどね」と名取さん。

一方で、水流を使って肌を美しくする「ハイドロフェーシャル」など、他店にはないメニューに、すでにリピーターがいるのも事実。

「アメリカ人医師に施術を受けるのが怖い、肌に合うか分からない、といった不安を抱える人は多い。安全性を知ってもらい、役に立つサロンとして利用していただければと思います」

順調にスタートを切ったが、美容業界全体は苦難が続く。多いと週に5、6件、閉店の知らせを耳にするという。「これから物件賃貸料が下がる可能性があるので、新規事業は参入しやすくなるかも」と名取さん。

自身で実践してきた美容術の数々を、1人でも多くの人に紹介したい名取さん。今日も、新規客が店のドアを開けてくれることを願っている。

施術室は清潔感を重視した個室

 

「Skin Deep NYC」オーナーの名取由稀江さん

 

店内は、高級感ある落ち着いた雰囲気で統一している

 

Skin Deep NYC

【オープン】2020年9月(当初のオープン予定=同年3月)
【従業員】8人
【営業時間】月〜金曜日 午前10時〜午後8時、土曜日 午前11時〜午後7時
39 W. 56th St.
(bet. 5th & 6th Aves.)
TEL: 646-692-3330
skindeepnyc.com

 

 

 

 

 

NYジャピオン 最新号

Vol. 1126

NYCマラソンが復活! おすすめランニングスポット

2年ぶりに開催されるNYCマラソン。今大会の概要やレースの魅力、ニューヨーク在住ランナーたちが紹介してくれるおすすめランニングスポットをチェックしてみよう。

 

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。