巻頭特集

2020年秋冬にニューヨークで新たにビジネスを始めたオーナーたち

Jスペック (和牛専門レストラン)

「見極める」ことがカギを握る!

高級なイメージばかり先行する日本産和牛に、親しみを持ってほしい——。食肉卸業者のトモエフードサービスが、そんな情熱を胸に昨年11月にオープンしたのが、イーストビレッジにあるレストラン「Jスペック」だ。

同店最大の特徴は、卸業者だからこそ実現するリーズナブルな価格と、スタッフの肉に対する見識の深さだろう。

例えば、和牛すき焼き丼は23ドル(ランチは22ドル)。その他にも、「和牛だし、とりあえずステーキで」という安易な楽しみ方はもったいないとばかりに、普段あまり出合わない部位も数多くメニューにそろえているのが魅力だろう。

直営レストランの構想自体は2、3年前からあったようで、このコロナ禍は「新しいことを始めてみるチャンスかもしれない」と、ポジティブな発想に舵を切ったとのこと。

 

日本産和牛の美しい霜降り一つでも、部位によって特徴があり、そういったバラエティーもぜひ知ってほしい、と酒井さん

 

店舗物件を基軸にする
発想の転換で迅速化

同店を任された「肉マスター」こと酒井純平さんいわく、今回の出店では飲食店作りにおいて新たな発想を取り入れた。それが「店のコンセプトに合う物件探し」ではなく「物件を決めてから店を作る」というもの。

近年まれに見る買い手市場となったニューヨークは物件が選びやすく、値段交渉も現実的だ。だからこそ好条件の物件を選び、それに合わせてサービスや内装をカスタマイズする方向で進めた。

「メニュー内容や内装のコンセプトが少しブレるかもしれませんが、『日本産和牛の普及に貢献する』という根底のコンセプトは絶対にブレることがないので、大丈夫です」と酒井さんは笑う。

「Jスペック」の店舗は、元が高級すし店で内装もある程度充実していた。おかげで、オープンまで4カ月というスーピーディーな門出が実現したのだ。

イレギュラーは承知の上
何事もとにかく実践!

オープンした瞬間に、暫定復活していた屋内飲食に再び営業時間制限がかかり、3〜4週間後には屋内営業は全面禁止に。

飲食業界にとって致命的措置ではあったが、そんな困難も同店は織り込み済み。従業員数ははじめから最小人数にとどめ、意欲的な企画は即実践。企業が展開する飲食店としては異例ともいえるフットワークの軽さを武器にしてきた。

その例の一つが、店舗前でのマーケット(精肉販売所)の設置。いわゆる「街のお肉屋さん」のような親しみやすい雰囲気の中、選び抜いた日本産和牛や豚肉、ソーセージなどの加工肉を取り扱う。

「『とうもろこし豚』はロ

ースはあっさりしているので揚げ物に、そして脂の多いバラは薄切りにして、鍋物に入れると相性がいいですよ」と、スタッフがよどみなく説明。部位に関する豆知識など、専門家だけが知る耳寄りな情報もゲットできるのだとか。

こちらのマーケットは、2月末まで、全商品を25%オフで提供している。

「外食をしなくなった人が増えている今、とにかく知名度を上げることが重要だと考えています」と酒井さん。日本人の認知度は低めだが、すでに5回以上注文しているリピーターがいるなど、店側は手応えを感じている。

100%の力でオペレーションできる未来に向けて、酒井さんたちは今日も日本産和牛と向き合う。

なお同店は、1月25日〜31日(日)に開催される、レストランウィーク・トゥー・ゴーに参加中。和牛ステーキ丼を、20ドル21セント(参加店の一律価格)で提供している。

7オンス(約200グラム)の和牛をふんだんに使った、和牛ステーキ丼(通常55ドル)。メニューは随時インスタグラムで確認を

 

同店いわく、マーケットの肉類は他店より最大50ドルほど安く提供できているとのこと

 

「肉マスター」の酒井純平さんは、元「焼肉ふたご」のマネジャー

 

店舗前に構えたマーケットで肉を販売中

Photo by J-Spec

J-Spec

【オープン】2020年11月(当初のオープン予定=同じ)
【従業員】6人(現場スタッフのみ)
【営業時間】火〜土曜日 午後12時〜9時
239 E. 5th St.
(bet. 2nd & 3rd Aves.)
TEL: 212-287-0107
Instagram: @jspec.wagyu.nyc

 

 

 

NYジャピオン 最新号

Vol. 1126

NYCマラソンが復活! おすすめランニングスポット

2年ぶりに開催されるNYCマラソン。今大会の概要やレースの魅力、ニューヨーク在住ランナーたちが紹介してくれるおすすめランニングスポットをチェックしてみよう。

 

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。