巻頭特集

大学進学を考える日本と米国、二つの国で 学び暮らす選択

コロナ禍を経験して社会は大きく変わった。日本社会も例外ではない。未来を見据えて、グローバルな大学進学の選択肢の一つとして、米国と日本で自分たちのルーツを生かす学びについて掘り下げる。(取材・文/河原その子)


大学進学エキスパートに聞く
新しい時代の日米大学進学のトレンド!

カレッジカウンセラーとして、ニューヨークを拠点に世界各地の日本人高校生に米大学進学の全過程をサポートする伴里美さんに、最新の大学情報を聞いた。

─米国大学進学の変化は?

以前より、生徒の学力を測る「SAT」や「ACT」は不公平だと批判されてきました。裕福な家庭の生徒が有利になる傾向があるからです。

コロナ禍でテストがキャンセルされ、スコア提出がオプショナル化し、その結果、スコアの重要度が下がり、今まで志願しなかった学生が応募するようになり、合格率は低下しています。今、大学は、より生徒の全体評価を重視するようになってきています。多様な学生が集まり、大学としては好ましいとされています。本来この流れはあり、コロナ禍がそれを後押ししたといえます。

─日米大学進学の違いは?

昔から日本や韓国などの一部の国では、貧困層でも優れた知性を持っていれば、試験を通じて社会的な上昇や公的地位につける「テスト文化」が存在していました。今も根強いです。

一方、アメリカではテストの重要性が低く、かつてはアイビーリーグなども一部の富裕層だけが入るもので、テストによる選抜を重視する文化はありませんでした。それが科学技術の発展のために学力優秀な学生が必要となっていき、多様な学生を入学させる、すなわち入学審査に「ホリスティック・アプローチ」が採用されるようになりました。

一般的に私立、特に難関校では、ホリスティックな評価、つまり「GPA」、高校で履修した科目選択、エッセイ、課外活動などが大きな影響を与えます。また、内面的なアピールや独自の視点も考慮されます。一方、日本ではテストは重視されますが、成績に関してはあまり重要視されないと言われています。

─学費の対策は?

米国籍や永住権を持ち、アメリカでの就職を希望する人はアメリカの大学に進学し、奨学金の申請も可能です。州内の公立大学なら学費が抑えられますし、柳井正財団や笹川平和財団など、海外在住の日本人高校生にも支援する奨学金が増えており、日米両国の大学に応募する人も増えています。学費の面で英語で学位取得可能な日本の大学を選ぶケースもあります。

─米国大学からの留学は?

米国では、ほぼどの大学にも留学制度があり、東大や一橋大学などへの短期留学も人気です。これからは多様性を理解し、異文化での学びを経験することが求められ、留学先でのインターンシップ経験など、留学経験は将来のアピールポイントとなりますね。

─大学選びの動向は?

前にも増して、卒業後に焦点を当てる人が増え、高収入を期待できる専攻に注目する傾向があります。駐在のご家庭では、日本で知名度のある米大学に進学したいという考えも多いですが、将来日本人留学生が増え、留学の体験談やSNSなどで、知名度が低くても良質なリベラルアーツの大学が注目される可能性もあります。ただし、日本の財団は特定大学に合格した学生を支援する傾向があり、それを意識して難関大学に応募する傾向もあります。

─エッセイの指導は?

エッセイに苦労する学生は多く、エッセイのサポートを業者に頼む人もいます。私は、個性を尊重し、学生が自身の書いたものを誇れる自分らしいエッセイになるよう指導しています。

─伴さんからアドバイスを

学校での勉強を優先させながらも、自分が得意だったり興味のある分野は何かをよく考え、深掘りすることが重要だと思います。それを大学進学前もその後も続けていってほしいです。社会は親の若い頃とは変化しており、親の助言が今の時代に合わないこともあります。特にキャリアのアドバイスが必要な時は自分より少しだけ年上の人に相談すると良いでしょう。

 

伴 里美さん
カレッジカウンセラー(サトリカレッジプランニング代表)

国際基督教大学で学士号、ノースウェスタン大学大学院で修士号、UCLAでカレッジカウンセリング免許取得。元ノースウェスタン大学入学審査面接官。日系情報紙に大学進学に関するコラムを連載中。
info@satoricollegeplanning.com
satoricollegeplanning.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。