巻頭特集

海外から日本の大学の受験最新情報

ンプル大学 ジャパンキャンパス
米国総合公立大学学位日本取得

米国ペンシルベニア州フィラデルフィアを本拠地とするテンプル大学は、「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」の「世界大学ランキング2021」でトップグループにランクインされた、世界で注目を浴びる大学だ。同校より上位の日本の大学は、東京大学と京都大学、東北大学で、東京工業大学がテンプル大と同じグループにいるのみ。そしてその日本分校が、東京世田谷区にある「テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)」だ。

学位取得に要するのは全て英語。学部生の50%以上を60カ国からの外国籍学生が占める。「キャンパスに足を踏み入れると、さながら異国を訪れた雰囲気です」と語るのは、国内アドミッションディレクターの竹本正二郎さん。

Photo by Ryan Brandenberg/Temple University

 

アクティブラーニングと
IT教育

英語が母国語でない学生への英語能力テスト以外は、世界各地からの受験生を同一基準で選抜する。米国大学への入学になるので、米国在住者用の奨学金制度FAFSAを利用することができるという利点もある。

「TUJの基本はアクティブラーニングです。少人数制授業でのディスカッションは必須で、学生が切磋琢磨し、より深く考え、自ら答えを見出すことが常に求められます」と竹本さん。昨年就任した新学長はリベラルアーツの大学ながら「情報工学」の副専攻を新設するなど、時代の先を常に見ている。

 

Photo by Ryan Brandenberg/Temple University

 

TUJの3大メリット

コロナ禍での海外の学生の入国制限があるにも関わらず、あえて海外からTUJに来る魅力として、「ロケーション、スチューデントライフ、コスト」の3点を挙げる。

米国大学の学位を日本の学費で取得すること、全学部生約1300人とのさまざまな文化背景を持つ学生同士の活発な課外活動が盛んで、その親密な学生生活によって世界とのコネクションが生まれること、そして世界の大都市の一つ、東京の中心で学ぶメリットを強調する。

「TUJの米国型長期インターンシップでは、世界の一流企業や大使館が集中する東京は研修先の選択肢が豊富です。本拠地フィラデルフィアにはない、ネットワーキングのチャンスがここにはあります」。小規模ながら、米国大学教育と大都市東京、そしてグローバルな視点を凝縮したエッセンスのようなキャンパスライフといえそうだ。

 

Photo by Temple University, Japan Campus

 

 

 

竹本正二郎さん
テンプル大学ジャパンキャンパス
国内アドミッションディレクター

 

テンプル大学 〈ジャパンキャンパス〉

東京都世田谷区太子堂1-14-29
ac@tuj.temple.edu
tuj.ac.jp/jp/ug


まだ間に合う
オンラインイベント参加しよう!

ライトハウス主催 オンライン大学説明会<ライブ配信>
Japanese College Fair 日本の大学説明会 2021春

 

615日(火)

  • 熊本大学
  • 熊本大学
  • 筑波大学

※617日(木)

  • 開志専門職大学
  • 上智大学
  • 津田塾大学

※両日午後9〜11時、日本語によるプレゼン&質疑応答

日本の大学へ進学を考える学生、保護者向けプレゼンテーションを日本から世界にライブ配信。ロサンゼルスの日本語情報誌「ライトハウス」が主催。「英語だけで入学できる」「アメリカ国内で入試が完結」「学費免除制度」「秋入学」「カレッジからの編入」など、さまざまな海外生のための特別な制度を持つ大学が2022年度入試に向けた最新情報を届ける。後日各大学とのオンラインによる個別相談も可能だ。事前登録制なので、ウェブサイトから申し込もう。

seminar@us-lighthouse.com(渡辺)
japan-universities.com


RTN Project主催 帰国受験生支援イベント<オンライン交流会>
帰国入試&大学生活ガイダンス 2021

※710日(土)

  • 午後710

 

海外生活体験者や将来グローバルでの活躍を志す学生を支援するRTN Projectによる帰国受験生支援イベントが、日米に向けて開催。大学帰国受験予定者および帰国生の保護者を対象に、帰国入試ガイダンスおよび在学生との交流促進を目的とする。イベントはZoomを使用。参加費は無料なので、気軽に参加してみよう。申し込みは下記のフェイスブックから。

 

 

info@rtnproject.com
facebook.com/rtnproject

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。