巻頭特集

新学期がはじまる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた(取材・文/南あや)


「もしも」に備えた対策を練る

ニューヨーク育英学園(全日制部門)

「プライオリティー(優先事項)は安全です」

そう力説するのは、ニューヨーク育英学園ニューヨークキャンパス・フレンズアカデミーのディレクター、河野茂さん。同校はニュージャージー州イングルウッドクリフス(全日制、週末校など)、フォートリー(りんごラーニングセンター)、マンハッタン(フレンズアカデミーなど)、ポートワシントン(週末クラスなど)の計4地域で、多様な教育プログラムを提供している。

ニューヨーク近辺の新学期の対応は、各地域の教育局によって異なるが、イングルウッドクリフスの全日制クラスにおいては、キャンパス内での対面保育・授業が行われる予定だ。

ソーシャルディスタンスを保ちながらスイカ割りをした、サマーデイキャンプ

 

考えうる限りの対策を

感染を防ぐための再開環境は、当局の規制を下に、かなり慎重に決められている。まず、敷地には子供と職員以外は立ち入り禁止。マスクの常時着用はもちろん、職員はグローブも必要に応じて着用する。

教室の個々の机はアクリル板で仕切り、空気清浄機を導入。廊下につながるドアは開けたまま、換気扇を使って換気を促す。

「別々のクラスの子供が接触するのを防ぐため、トイレの時間はずらし、図書館は閉鎖します」と河野さん。校内各所にサニタイザーの設置も忘れない。幼児部のおやつは、先生が直接触れずに済む、個別梱包されたものに変更予定。

ただ、じっと一カ所に留まると運動不足になり、自然に触れる機会がないのが心配だ。そこで休憩時間はなるべく外に出て、ソーシャルディスタンスを保ちながら過ごすという。

保護者の不安と懸念

対面授業の再開については、ニュージャージーキャンパスは保護者間で意見が割れた。およそ95%の家庭が登校再開を選んだ一方、約5%は遠隔での出席継続を望んだ。遠隔の園児・児童のために、教室の後ろにカメラを設置して、保育・授業をストリーミング配信する予定だという。

通学送迎のシャトルバスは運行予定だというが、州のルールで乗車人数が制限されており、何割かは保護者が送迎する負担も承知してもらう必要がある。

「何より、いつまた完全遠隔に切り替わるか分からないという点を、保護者の皆さまに理解していただかなければ」と河野さん。「強引に学校を開いてもいいことはありません」

オンラインサマーキャンプの実施を経て、オンライン授業だからこそ使える教材やアプローチがあることを知ったという。同校は、対面と遠隔、どちらの方法でも「人間力」を培える教育を目指す。

9月1日現在の教育局ルール

【新学期の日程】

ニューヨーク市内の学校は当初9月10日(木)に対面授業を開始予定だったが、感染拡大を懸念した市の教員労働組合が反発し、ストライキを示唆。これを受けてデブラシオ市長は9月1日、対面授業の開始を21日(月)に延期するとの見解を示した。

【NYCの学校閉鎖の条件】

対面授業で、クラスの1人がコロナウイルス陽性と判断された場合、そのクラスは遠隔授業に。二つ以上のクラスで陽性者が確認されたら、全校で2週間の遠隔授業処置。

8 W. Bayview Ave.
Englewood Cliffs, NJ 07632
TEL: 201-947-4832
japaneseschool.org

日本の文部科学省の定める指導要領に基づいた、幼小一貫教育を行う。ニュージャージーキャンパスの幼児部・小学部共に、現在の定員は各クラス20人。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1103

奥深い中国茶の世界

今ひそかにブームとなっている中国茶。お茶の発祥の地、中国で生まれた奥深い中国茶を知って、さまざまな香りや味、飲み方を楽しめる魅惑的なお茶の世界を旅してみよう。

Vol. 1102

本格的に春が到来 NY近郊の桜スポット!

長い冬が終わり、心も軽やか。街の至るところで見頃を迎えている桜はもちろん、市内やニューヨーク州近郊の春の花々が楽しめるスポットを紹介する。

Vol. 1101

一味違う! アカデミー賞
今月25日に開催される、「第93回 アカデミー賞授賞式」。新型コロナウイルスの影響で、同授賞式も例年と異なる形で開催される予定だ。俳優のスピーチや衣装など、何かと話題になる同授賞式の見どころを、徹底紹介していく。

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。