巻頭特集

英語が得意になりたい!

3人の英語マスターが回答!
日本人によくある「英語学習のギモン」

読者から事前に募集した「英語の先生に聞きたい質問」に、ニューヨークで日本人に英語を教える3人が回答。それぞれの所属する英語学校・クラスも要チェック!


Q. 英語を使っているのに上達しない!  なぜでしょうか?

バーナード先生

第二言語の習得は簡単ではありません。つまずいても自分の「苦手分野」とは捉えず、日本語とは異なる新しい言語文化を学ぶことに喜びを見出し、モチベーションを保ちましょう!

バーナード・トーレス先生
ニューヨーク市教員免許を保有。
自閉症を持つ子供や、国際留学生まで、幅広い層の英語学習をサポートしている。
Bluedata International Institute
TEL: 212-683-6250bluedataesl.com

 

マイケル先生 

ネーティブスピーカーは「些細(ささい)な文法ミスなんて関係ない」と言いますが、前置詞一つ違うだけで、言葉の意味は大きく変わってしまいます。小さなミスをコツコツ学んでいくことが大事です。そして、「母国語を話すスキル」と「母国語を教えるスキル」は違う。「教える」プロに習うことが重要です。

マイケル・ボード先生
言語学の専門家。モンゴル国立大学で客員教授を務めた他、日本にも2年間、研究で在住経験あり。ニューヨーク生まれ。
ibec language institute
TEL: 212-867-2000ibec-usa.com

 

ポペノ先生

歩くときに「次はどの足を出すか」と考えないのと同様に、ネーティブスピーカーと英語を話す際も、無意識に「会話の流れ」を生むことが重要。単語だけを学んでいくのではなく、言葉のイントネーションや会話のリズムを理解するように練習しましょう。

ジョシュア・ポペノ先生
日本人の英語発音矯正の専門家。
独自開発した「ポペノメソッド」を授業とオンラインで教えている。日本語もペラペラ。
popenoe method
popenoemethod.com


Q. 語彙(ごい)を効果的に増やす勉強法は?

バーナード先生

辞書はいつだっておすすめです。私のお気に入りは「American Heritage Dictionary」。1日2個、新しい単語を使って文章を書いたり、会話したりしてみてください。また単語習得は暗記が一番なので、寝る前に単語を書いたポストイットを部屋中に貼っていき、声に出しながら意味を確認。翌朝、身支度しながら剥がして回り、同じことを繰り返してみてください。

マイケル先生

英単語を分解したときに生まれる最小単位を、形態素(morpheme)と言い、これを知ることが言語学では大切です。例えばunfamiliarの「un」は、否定の意味を持つ形態素です。形態素専用の辞書があるので、「un」の入った他の単語を連想ゲームのように学び、さらに対義語も…と勉強してみてはどうでしょうか。


Q. 美しい発音を習得するコツはありますか?

バーナード先生

発音矯正は難しいですよね。ABC、CBS、NBCなどのプライムタイムのニュース番組を視聴することを、個人的にオススメします。

ポペノ先生

日本語教育はローマ字学習を行いますが、そこで学ぶ発音はあくまで日本語のもの。本当の英語の発音は、それ以上に数が多く、日本語では使わない口元の筋肉の動きも要求されます。正しい発音記号をしっかり学びましょう! 音の伸ばし方やイントネーションの違いで、大きく改善しますよ。


Q.  日本に帰国してからも英語力を保つ方法はありますか?

ポペノ先生 

発音は物理的なスキル。ピアノを弾けるようになっても、練習しないと指の動かし方を忘れますよね。英語も同じで、話す機会を作るように心掛けましょう。スカイプでネーティブと会話したり、ドラマや映画などを通じて英語に触れ続けることが大切です。


Q.  聞き取りがいつまで経っても苦手です…。

バーナード先生

ニューヨークは会話のスピードが速いので、スローダウンする必要があります。一歩一歩着実に、じっくり時間をかけて、単語やフレーズを耳に浸透させて理解を深めましょう。英語の音楽を聞いたり、公園のベンチに座って、周囲の会話を聞いたりしてください。

マイケル先生 

文章を繰り返し聞くことが重要。映画や動画を観るときはキャプション(字幕)を消して、自分が何を聞き取れていないか考える(guess)ことが、リスニング能力の向上には欠かせません。繰り返すうちに、だんだん耳が慣れてきますよ。


Q. 英語学習にオススメのメディア媒体を教えてください。

バーナード先生 

ニューヨークは会話のスピードが速いので、スローダウンする必要があります。一歩一歩着実に、じっくり時間をかけて、単語やフレーズを耳に浸透させて理解を深めましょう。英語の音楽を聞いたり、公園のベンチに座って、周囲の会話を聞いたりして ください。

マイケル先生

文章を繰り返し聞くことが重要。映画や動画を観るときはキャプション(字幕)を消して、自分が何を聞き取れていないか考える(guess)ことが、リスニング能力の向上には欠かせません。繰り返すうちに、だんだん耳が慣れてきますよ。


Q.  英語学習にオススメのメディア媒体を教えてください。

バーナード先生

ニューヨークタイムズとタイム誌は、あらゆる分野の米国史の変遷が学べてオススメ。ラジオ・ポッドキャストなら、新鮮でクリエーティブな内容が多いNPRがいいですね。ドラマでは「フレンズ」「ザ・オフィス」などがユーモアにあふれていて、夢中になれます。

マイケル先生

USAトゥデイは、アメリカの高校卒業程度の英語力で読解できる新聞なので、初心者にぴったり。逆にニューヨークタイムズは大学卒業程度の力が要るので、アドバンスを目指す人にいいですね。媒体にかかわらず、コメディーは難易度が高いです。


Q. 礼儀正しくも堅苦しくない、小慣れたビジネストークがしたい!

マイケル先生

「礼儀正しさ(polite)」と「フォーマル(formal)」は別です。例えば、日本では名字で呼ぶことが「礼儀正しい」として好まれますが、アメリカでは相手と距離を置きたがっている、よそよそしい「フォーマル」な言い回しです。ビジネスミーティングや商談で、ネーティブたちが何と言っているか、注意して聞いて、好感を持てた人の言い回しをまねしてみましょう!

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1109

夏のアートを体験しよう!

さまざまなアートを身近に触れられる芸術の街、ニューヨーク。話題のゴッホ展をはじめ、いよいよ全面オープンとなった市内の美術館でも、夏に向けてさまざまな展示会が始まっている。この夏はアートを存分に満喫しよう!

Vol. 1108

知っておきたい 大学進学への心得  日本編

米国からの帰国生が大学受験において知っておくべきことはなんだろうか? 先週号に引き続き大学の進学事情をお届けする今週号では、海外から日本の大学を受験するための基礎知識と基本最新情報を徹底解剖する。

Vol. 1107

知っておきたい 大学進学への心得  米国編

子供を持つ家庭において教育課程の最難関ともいえる大学進学。そこで、これから大学進学を控える親子が知っておくべき基礎知識と最新情報を、米国編と日本編の2回に分けて特集する。今号は、米国の大学にまつわる受験事情をご紹介!

Vol. 1106

フレキシタリアンのすすめ

昨今にわかに注目を浴びる「フレキシタリアン」ダイエット。一体どんなメリットがあり、どう実践したらいいのか? 今号ではフレキシタリアンの考え方をうまく自分の食生活に取り入れる方法を紹介する。