巻頭特集

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし…」「どうせ数年後に日本に戻るし…」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない? (取材・文/南あや)


こんなはずじゃなかったのに…
上達しない原因は何?

「ニューヨークで暮らしているなんてかっこいい! きっと英語ぺラペラだね」

「5年もいるのなら、映画を完璧に理解して、英語でジョークも言えちゃうんでしょ?」

こんなことを言われて顔が引きつった経験は、ニューヨークに住む日本人なら、おそらく誰しも一度はあるだろう。

「英語圏で生活していれば、自動的に英語が上達する」という考えは幻想に近い。今回、読者に事前アンケートを募ったところ、81%もの人が、「アメリカに来てからの上達は思ったより遅い」と回答したのだ。

「通じない」わけじゃない

とはいえ、その多くは全く話せないのではなく、「そこそこ英語ができる」と考えている。

同アンケートでは、発音、リスニング、英会話、発音、読解の5項目について、読者に実力を5点満点で評価してもらった。すると全項目で、3点を付けた人が続出(いずれも40%前後)。逆に5点満点は3項目で10%程度で、5点満点が唯一16%まで上ったのは、英会話だった。

つまり、多くの人は英語力が伸び悩んでいる。そして、一応意思表示はできるが、細部まで聞き分け、正しく書き起こすことは苦手らしい。

読者の英語攻略法は?

実践していた人が最も多かった英語学習法は、ドラマや映画、動画コンテンツを「観る」ことで、68%が該当。次点で、新聞・雑誌を「読む」こと(58%)が多かった。

一方、「語学学校に行く(19%)」「現地イベントに行く(26%)」「会話練習の時間を設ける(10%)」など、対人で英語練習を行っている人の割合は少ない。

しかし、「ある程度英語が上達した」と自負する先輩読者たちのアドバイスは容赦ない。「習うより慣れろ」(Hotaruさん/在米30年以上)、「とにかく英語で話す機会を作って、少しでも英語を使うこと」(うさぎさん/10年以上)、「実践あるのみ」(Ayakoさん/4年)と、対人練習の必要性を解くものが多かった。

「聞くは一時の恥。疑問に思ったり分からなかったり、自信がない時には他人に聞いて確認する」(パオパオパオさん/10年以上)

「英語が下手な人は、自信のなさによる口ごもった話し方で、相手に伝わっていないような気がします」(NoVa no Nihonjinさん/20年以上)

「一番大切なことは、文法の間違いや外人訛りの発音を気にし過ぎず、文の最後まで言い切ること」(Keiko-JALFさん/30年以上)

なかなか鋭い指摘に、ギクリとする人も多いはず。

今年こそ意識改革だ

コミュニケーション能力を1人で向上させるには限界がある。昨年までは、なんとなくニューヨークで暮らして様子見していた人も、今年は恥を捨てて自ら困難にぶつかっていく、あるいは英語教育の専門家に習いに行くという、地道な努力を積んでみてはいかがだろう。あと一歩の努力で、当地でのビジネスチャンスに手が届くかもしれない。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。

Vol. 1090

新規オープン店に見るNYC

「コロナ禍の今こそあえて」、あるいは「元々のオープン予定がずれて」などの理由で、2020年秋冬にニューヨークで新たにビジネスを始めたオーナーたち。オープンから数カ月経った今、その率直な現状を聞いてみた。