巻頭特集

アイスクリームに目がないニューヨーカーに大人気のひんやりスイーツを一挙に紹介!

7月はアイスクリーム月間って知ってた? 夏真っ盛りのうだるような暑さには、冷たくて甘〜いアイスがぴったり。ということで今号はアイスクリームに目がないニューヨーカーに大人気のひんやりスイーツを一挙に紹介! (取材・文/中沢絵里奈)


もちもち寒天が自慢の
絶品クリームあんみつ

イーストビレッジにある日本茶屋「茶菴」で、18年前の創業当初から看板メニューとして愛されているのが「ほうじ茶あんみつ」だ。オーナーの八木共子(ともこ)さんが夫の八木秀峰ボンさんとともに同店を開業した当時、「大好きなあんみつをニューヨーカーにも届けたい」と考案した思い入れのある一品である。

Hojicha Anmitsu 18ドル

自慢の同メニューは、口に運んだ瞬間、金沢から仕入れたほうじ茶パウダーを使用したこだわりのアイスに手作りの白玉、生麩、黒蜜が絡まり、程よい苦味と甘味の絶妙なハーモニーが広がる。こちらも珍しいほうじ茶味の寒天は、もちもちのつるんとした食感で、硬さのある寒天のイメージを覆してくれる。ふたを開け、黒蜜をかけるという日本人らしい動作もニューヨーカーには新鮮で好評だ。

現在は夏限定で「桜パフェ」、抹茶、ほうじ茶味の「かき氷」も提供中。当地ではなかなかない本格的な日本の甘味を味わってみよう。

茶菴
230 E. 9th St., 2nd Fl./TEL: 212-228-8030
chaanteahouse.com


オーガニックで体に優しい
花びら型のジェラート

「アモリーノ」ではバラの花びらのような美しいイタリアンジェラートを提供。同店でのオーダーはイタリアン流に、レジで先に注文と会計を済ませ、好きなフレーバーを2〜3種選ぶ。ジェラートをサンドしたマカロンもトッピング可能だ。「味が混ざってしまうのでは」という心配とは裏腹に、滑らかな口当たりの各フレーバーは見事に融合し、上品な味わいへと溶け合う。

Gelati 5ドル80セント〜

26種以上のフレーバーには、調味料や人工着色料を使用せず、エコサートやUSDAオーガニック認証を取得したオーガニック、グルテンフリー。またソルベとコーンはプラントベースのビーガン仕様で、環境や体に安全な、素材そのものの味わいが楽しめるジェラートとなっている。

夏限定でタンジェリンアセロラ、ブルーベリーアサイー、オレンジジンジャーの3種のソルベも登場。市内にはグリニッジビレッジ、タイムズスクエア、アッパーウェストサイドに店がある。

Amorino
60 University Pl./TEL: 212- 253-5599
amorino.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。