巻頭特集

パンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介

GREEK FOOD

人気メニューの「Chicken & Rice Box」($12)

ギリシャ料理のフードトラックといえばアストリアの「キングスブラキ」が有名だが、マンハッタンでもおいしいスブラキ(豚肉やラム肉などを串焼きにしたギリシャ料理)を楽しめるのが「Uncle Gussy’s」だ。人気はポークスブラキやチキンのプラッター(写真左)だが、フェタチーズを使ったサラダやフライドポテト、ギロピタなど、気分やお腹の空き具合によって料理の種類を幅広く選べるのがうれしい。

Uncle Gussy’s
345 Park Ave./unclegussys.com
Instagram: @unclegussys
★支払い方法: 現金・ホームページのオンラインオーダー画面で支払い


THAI FOOD

シュリンプ入りの「Pad Thai」($11.5)に「Fried Egg」($1)を追加したもの

タイ料理専門の小さなフードトラック。タイカレーやバジル炒めご飯、パッタイなど、出来たてで熱々の本格的なタイ料理が楽しめる。麺とご飯のメニューは野菜や豆腐、チキン、シュリンプなどからトッピングを自由に選ぶことができる。ダンボのマンハッタンブリッジの高架下で営業しており、近くにある川沿いの公園へ移動してブルックリンブリッジを眺めながら食べるのがおすすめ。

Thai Sidewalk
69 Adams & Front Sts., Brooklyn, NY 11201
TEL: 646-641-8333
thaisidewalkny.com
★支払い方法: Venmo・Zelle・現金


日本食フードトラック
「Rolling Yatai」を直撃!

2021年にオープンし、ニュージャージーを拠点にお弁当や丼、ラーメン、カレーといった日本食を販売するフードトラック「Rolling Yatai」。同店を経営する深野将彦さんに、開店のきっかけやコンセプトを聞いてみた。

オープンの経緯を教えてください。

ホーボーケンのバス停で営業していた、知り合いのフードトラックを引き継ぐ形で始めました。コロナ禍でいつ経済が回復するかわからない中、ルイスというそのおじいさんに楽をさせてあげたいと思ったんです。また、誰もが新しいことを始めるのをためらっていた時期に、何か行動したいという思いに駆られたのもありました。子供に背中を見せたいという気持ちも大きかったですね。

オープンしてみてどうでしたか?

初めはルイスのトラックを再現しようと、フィリーチーズステーキやキューバンサンドなどを提供していました。けれどオーナーが代わると味も変わるもので、なかなかうまくいかなくて。それなら自分のアイデンティティーでもある日本食のフードトラックを始めようと、思い切ってガラリと店を変えることにしました。

深野さん(左から2番目)他、「Rolling Yatai」のメンバー。現在一緒に働ける人を募集中!

人気メニューは?

照り焼きチキン丼、ギョウザ、ラーメンは開店当初から人気です。

人気メニューの照り焼きチキン丼、ラーメン、ギョウザ

こだわっている点を教えてください。

鶏肉をベースに、シイタケや昆布を8時間以上煮込んでだしを取ったラーメンはこだわりの一品です。作り方はマンハッタンに3店舗を構える某有名ラーメン店の大将直伝で、フードトラックといえど、食材も味も本格的ですよ。

今後の展開についてお聞かせください。

現在はイベントや住宅街での営業が中心ですが、今後は介護施設などに出向いてプライベートサービスを提供するフードトラックを展開しようと計画中です。昔、父ががんで亡くなる前に介護施設で「あそこのうまいカツ丼また食いたいなぁ」なんて言ってたのを思い出したんです。フードトラックの「大衆向け」というイメージを覆し、体の不自由な方や病気を患っている人たちに喜ばれるようなプライベートなサービスを提供していきたいと思っています。

Rolling Yatai
rollingyatai.com
Instagram:@rollingyatai


わんこも楽しめるフードトラック「Woofbowl」

2017年にオープンしたNYとLAで犬用ご飯やおやつを販売するフードトラック。遺伝子組み換え食材を使わずオーガニックフードにこだわり、おいしいだけでなく健康にも配慮したドッグフードを提供する。メニューにはハンバーガーやナゲットなど人間のご飯に見立てたかわいらしいフードが並び、含まれる栄養素やアレルギー食材などの情報を細かく記載している。5月まではLAで、6月から11月まではNYで営業。出店場所が毎日変更されるのでウェブサイトかインスタグラムをチェックしよう!

Woofbowl
mywoofbowl.com
Instagram: @woofbowl

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!

Vol. 1175

いよいよ開幕!ワールドカップ攻略ガイド

今月20日に開幕するワールドカップカタール大会。次の2026年大会ではアメリカ・カナダ・メキシコの3カ国共催が決定し、ここニューヨーク・ニュージャージーで試合が行われることからも注目度が高い。今号を読んでワールドカップ観戦前の予習をしておこう!

 

Vol. 1174

11月8日まで秒読み 中間選挙について知りたい

大統領選挙と並んで米国政治の行方を左右する中間選挙が目前だ。有権者が重視する問題、ニューヨーク州と勝敗の鍵を握る注目州の候補者について解説する。