巻頭特集

日本人の舌にも合うギリシャの味を探訪、併せてギリシャ人街の成り立ちにも迫る

米国でも指折りのギリシャ系移民の街、クイーンズ区アストリア。街をそぞろ歩けばギリシャ料理店がいくつも点在していることに気付く。今号は日本人の舌にも合うギリシャの味を探訪、併せてギリシャ人街の成り立ちにも迫る。(取材・文/加藤麻美)


ギリシャ料理の特徴は、イタリアやスペインなど地中海沿岸の他の国々と同様、調理法が至ってシンプルなこと。焼くか揚げるか炒めるかのいずれかで、味付けにはオリーブオイルやニンニク、トマト、レモン汁、ヨーグルト、オレガノやミント、ディルなどのハーブ、ナッツ、ハチミツなどを使う。

あれこれ手を加えずに食材本来の味を大切にする点は和食と相通じるものがあり、日本人の舌にも合う。肉や卵、乳製品を控えめにし、野菜や魚介類を多用することから生活習慣病の予防や痩身(そうしん)効果も。血中の悪玉コレステロールを減少させるオレイン酸、肌を健やかに保ち免疫機能を維持するビタミンAや抗酸化作用を持つビタミンEを豊富に含むオリーブオイルや、細胞再生に欠かせないビタミンB2、カルシウム、脂肪燃焼を促進する脂肪酸を多く含むフェタチーズなど、ギリシャ伝統の食材を取り入れた「地中海式ダイエット」は、健康志向の高い人たちの間ですっかり定着している。

近隣住民の憩いの場、アテネパーク。花こう岩の台座に乗ったブロンズ像は哲学者ソクラテス

ギリシャ人憧れの地、アストリア

アストリアの歴史は17世紀初頭までさかのぼる。大半が農地だった同地に最初にやって来たヨーロッパ人はオランダ人で、当時はアメリカ先住民と一緒に暮らしていた。やがてイギリス人が入植し、クイーンズの土地の多くを買い占め、先住民を追い出した。19世紀にはドイツ人が多く移住。その筆頭がスタインウェーピアノの創業者ヘンリー・スタインウェーだ。

家具製造の技術をもとにピアノ製造に着手し、米国に新天地を求めて移住したのが1853年。約20年後、アストリアにピアノ工場を開設した。工場労働者のための住宅地を開発し、教会や幼稚園、トロリーや娯楽施設まであつらえ、「城下町」となった同地10番街はスタインウェーストリートと改称され、かつての栄華を今に伝えている。

アイルランド、イタリア人の入植に続き、ギリシャ人がアストリアにやって来たのは1960年代に入ってから。70年代にその数は30万人に急増し、本国やキプロス、オーストラリアのメルボルンに次ぐ規模のギリシャ人街に成長した。

ヨーロッパ風の低層住宅が並び、マンハッタンまで地下鉄で15分、加えて家賃も手頃。ギリシャ系の商店が立ち並び、ギリシャ語の新聞が売られ、学校や教会ではギリシャ語が話され、アストリアはギリシャ人の「憧れの地」と呼ばれた。

アストリアには現在、チェコスロバキア、ポーランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、トルコ、アラブ諸国や中南米、ブラジルからの移民に加え、日本や韓国などアジア出身者が多く流入し、同地に店は構えていても実際に移住するギリシャ人は減少傾向だという。しかし、ギリシャ系移民が同地に残した足跡は揺るぎないもので、点在するギリシャ料理店はその代表例だ。


NYのコーヒーカップといえば

MoMAのギフトショップでは「ニューヨークコーヒーカップ」として販売(16ドル)

1980年代から2000年にかけて、デリや屋台で買う75セントコーヒーはほぼ全てこの紙コップに入っていた。ホロコーストを生き延びたチェコ系ユダヤ人移民のレスリー・バックが1963年、経営者にギリシャ系移民が多かったダイナーやデリにテイクアウト用のコーヒーカップとして制作。青と白はギリシャ国旗へのオマージュで、書体は古代アテネのレタリングに由来している。

最盛期の94年には5億個以上も販売したが、2010年には製造を停止。現在はライセンス販売でデザインのみが存続している。「ザ・ソプラノズ」「ロー&オーダー」などのテレビシリーズや映画でニューヨークを象徴する小道具として登場しているのにも注目!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。