巻頭特集

熱々スープが飲みた~い!

アメリカ家庭料理の定番
キャンベルスープを使ってプロの味に

20世紀ポップアートの巨匠、アンディー・ウォーホルのシルクスクリーンでもおなじみ、キャンベルスープはアメリカ家庭料理の定番の一つだ。この濃縮缶スープにひと手間加えれば、レストランで食べられるような味を再現できる。


チェダーチーズと生クリームでリッチな味に変身
トマト・チェダー・スープ

 

【材料】
キャンベルスープ(トマト)………. 1個
牛乳………. 缶スープの半分の量
生クリーム ……….缶スープの半分の量
チェダーチーズ……….好みで増減OK
パンプキンシード(トッピング用) ……….適宜

【作り方】
①鍋に缶スープと、スープと同量の牛乳を入れ、中火にかける
②スープが沸騰したら火をいったん止め、生クリームと好みの量のチェダーチーズをすりおろして入れる
③極弱火で5分ほど煮れば完成。いったパンプキンシードをトッピングして出来上がり

※出来上がったスープにエビやホタテを加え、塩とコショウで味を整え、パスタソースに利用してもよい。

スープのお供に

アメリカでトマトスープのお供といえばデリでよく見かけるグリルド・チーズ・サンドイッチ。薄くスライスしたライブレッドに、マヨネーズとバターを塗り、チェダーチーズなどとろけるチーズを挟んだら、バターを落としたフライパンでチーズが溶けてパンの表面がこんがりするまで焼くだけ。パンの上から重しを載せてホットサンドイッチにすれば、まさにデリの味! ぜひお試しあれ。


玉ネギをあめ色に炒める手間を省き本格味に
フレンチ・オニオン・グラタン・スープ

【材料(2人分)】
キャンベルスープ(フレンチオニオン)………. 1個
溶けるチーズ(グリュイエール、コンテなど)………. 200g(好みで増減OK)
パルメザンチーズ………. 200g(好みで増減OK)
バゲット ……….人数分にスライス
ガーリック(すりおろし、またはパウダー)………. 適宜
コショウ ……….適宜
パセリ(トッピング用)………. 適宜

【作り方】
①鍋に缶スープと、スープと同量の水を入れ、中火にかける
②スープが沸騰したら火を弱め、コショウ、ガーリックで味を整える
③バゲットを2センチ幅にスライスし、表面がきつね色なるまで焼く
④大きめのマグカップに②を注ぎ、バゲットを浮かし、溶けるチーズで覆う。その上から細切りのパルメザンチーズをたっぷりかける
⑤350度で予熱したオーブンの中段にアルミホイルを敷き④を入れる。チーズが溶けて、表面がこんがりと焼けたら出来上がり。彩り用のパセリをトッピングして召し上がれ

※バゲットの代わりに焼いた餅を入れたら洋風お雑煮になる。


トッピングを工夫すれば、スープもグレードアップ!

彩りを添えるだけでなく、歯応えや風味をアップさせてくれるのがトッピング。写真は、上から時計回りにパンプキンシード、ブラックレーズン、ガーリックチップ、ドライクランべリー、サンフラワーシード、ドライブルーベリー。真ん中はパクチー。他にフライドオニオンやクルトン、ポテトチップスなどもおすすめ。


おすすめレシピブック

262品のレシピを満載
The Big Book of Soups & Stews: 262 Recipes for Serious Comfort Food

著: Maryana Vollstedt
発行: Chronicle Books
chroniclebooks.com

凍える冬には熱々のシチューを、夏の午後には冷たく冷えたガスパチョやビシソワーズを。あらゆるシーンで活躍するスープのレシピを満載。タイやメキシコなど、世界の料理をヒントにした斬新なスープのレシピも併せて紹介。


季節と食材ごとにレシピを構成
The Soup Book: 200 Recipes, Season by Season

編: Sophie Grigson
発行: DK出版
dk.com

パースニップとリンゴのスープ、フレンチオニオンスープ、ディルとキュウリの冷製スープなど栄養価の高いスープレシピを紹介。季節ごと食材ごとに構成されているので、手持ちの食材に合わせて理想的なスープを簡単に見つけられる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!

Vol. 1175

いよいよ開幕!ワールドカップ攻略ガイド

今月20日に開幕するワールドカップカタール大会。次の2026年大会ではアメリカ・カナダ・メキシコの3カ国共催が決定し、ここニューヨーク・ニュージャージーで試合が行われることからも注目度が高い。今号を読んでワールドカップ観戦前の予習をしておこう!

 

Vol. 1174

11月8日まで秒読み 中間選挙について知りたい

大統領選挙と並んで米国政治の行方を左右する中間選挙が目前だ。有権者が重視する問題、ニューヨーク州と勝敗の鍵を握る注目州の候補者について解説する。