巻頭特集

近所のメキシカンレベルを越え、遠出してでも行きたいメキシカンレストランを紹介

「安い」「うまい」「早い」の三拍子揃ったメキシコ料理。ストリートフードやカジュアルダイニングのイメージが強いが、ニューヨークにはミシュランの星を獲得したり、独自のツイストをきかせたレストランもたくさんある。今号では、近所のメキシカンレベルを越え、遠出してでも行きたいメキシカンレストランを紹介する。(取材・文/古村典子)


ニューヨーク流に進化するメキシコ料理店

ラテン系民族の多く住むニューヨークには、たくさんのラテン料理店がある。中でもメキシコ料理はタコスやブリトーのチェーン店を含めると、数ブロックに1軒は必ずあるほど。このメキシコ料理に今、新風が吹き始めている。

メキシカンが
ファインダイニングに

メキシカンフードが地元の食文化と合体して発展したテックスメックス(テキサス風メキシカン)やカルメックス(カリフォルニア風メキシカン)に比べると、ニューヨークでの進化の仕方はちょっと違う。傾向はいくつかあるが、顕著なのはメキシカンがファインダイニングにアップグレードしていること。ここ4、5年で新しい高級メキシカンが急増したが、実はこのタイプの老舗Rosa Mexicanoは1986年オープンなので、進化の歴史は長い。同店では食材の質と新鮮さにこだわり、ワカモレを注文すると、テーブルまでサーバーが来て調理してくれるのがシグネチャーだ。

ベジタリアンメキシカンの店Jajaja Plantas Mexicanaの「ゴルディタス」(トウモロコシ粉トルティーヤのサンド)

食材へのこだわりは新しいファインダイニング、いわゆるコンテンポラリーメキシカンでも核となっていて、ソースもトルティーヤも自家製は当たり前。ローカルの新鮮な食材と、本国メキシコでしか手に入らないものをうまくミックスして使っている。そこにシェフの個性をプラスして、舌の肥えたニューヨーカーを楽しませている。

カジュアルな雰囲気を残しながらも、ストリート感覚とは一線を画すデコールやサービスもコンテンポラリーメキシカンのポイントだ。2021年発表のミシュランでは3軒(Casa Enrique/Claro/Oxomoco)が星を獲得している。こうしたスタイルの、カジュアルと高級路線の中間的なメキシカンがここ数年どんどん増えてきている。

スモーガスバーグの常連、Takumi Tacoでは「ビーフタコ」に白菜をトッピング

アジア、ベジタリアン
そしてメスカルが鍵

多国籍文化が混在するニューヨークでは、メキシカンがアジア料理ともマリアージュ。天ぷらやお好み焼きソース、ゆずソース、キムチなどを取り入れたレストラン(Takumi Taco/Domo Taco/Kimchi Tacoなど)も人気だ。ブームは少し去ったが、数年前に登場したすしブリトー(発祥はサンフランシスコ)を出すレストランもある。こちらはメキシカンというより、すしやポケを扱うファストカジュアル店でのメニューとして提供される。

また、ベジタリアンやビーガンを意識したプラントベースのメキシカンレストラン(Bar Verde/Jajaja Plantas Mexicanaなど)は、ミレニアル世代の女子を中心に大人気。

ここ4、5年でぐっと注目度が上がったメスカル(アガーべから作る蒸留酒で、テキーラもメスカルの一種)も、カクテル好きのアメリカ人には既に定着し、メスカル専門店やメスカルバーを併設するレストランもある。

安くて美味しい、近所のストリートフードだったメキシカンが、わざわざ遠出してでも食べに行きたいデスティネーションレストランになりつつある。そしてその進化はこれからもまだまだ続きそうだ。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。