プロ直伝!おうちで簡単「トマトソースレシピ」

五つ以下の食材で作る、おもてなし料理教室「Five or Under」を主宰する、ネイチャーマン初音先生(昨年、感謝祭のターキー特集で弊紙協力)によるレシピ第2弾!

前回好評だった豆の缶詰レシピに続き、今回はトマトソースで作る「シャクシューカ」を紹介します


「シャクシューカ」とは

熱々のトマトソースと半熟卵をパンに絡めて食べる、イスラエルの朝ごはん。少々焦げ感のあるトマトソースと、半熟の黄味のコクがたまらない一品。フライパンごとサーブできるのも、うれしいポイント!

【材料】

マリナーラソース・・・1瓶
卵・・・人数分(1人1個×人数)
パセリ・・・少々
パルメザンチーズ・・・好みの分量


【作り方】

1. フライパンにマリナーラソースを入れ、煮立たせる

2.マリナーラソースが熱くなったところで卵を割り、入れる

3. ふたをして中火で加熱。半熟になったら火を止める

4.  パセリとパルメザンチーズを振り掛ける

※パルメザンチーズの代わりに、フェタチーズやゴートチーズも合います

5. 完成!

All Photos by Hatsune Naturman

【おまけ情報】

<生のトマトや、水煮缶を使う場合>

たっぷりのニンニクと共に、塩、パプリカ、シナモン、チリパウダー、クミン、レッドペッパー、蜂蜜などで味を整えます。卵で味が薄まるため、しっかりとした味付けにするのがポイント。

シャクシューカは、味付けも具も各家庭で違い、それぞれの味を楽しめるのも魅力。今回は作りやすいように具材を入れていませんが、タマネギ、イエローペッパー、ナス、豆の水煮、ハムス、ひき肉などを加えてもおいしくできます。

具沢山のシャクシューカは、ディナーに丁度良いです。家のパントリーにあるもので、オリジナルのシャクシューカを作ってみてください。


Hatsune Naturmanさん

双子含む4児の母。五つ以下の食材で作る、おもてなし料理教室「Five or Under」を主宰。ニュージャージー州チャタムと、マンハッタン・ユニオンスクエアにて教室開催。子供連れも参加歓迎。(ひでこコルトンさん主宰「NY*おもてなし料理教室」認定校)
【問い合わせ】
five-or-under.com/Instagram: @fiveorunder

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。