プロ直伝!おうちで簡単「トマトソースレシピ」

五つ以下の食材で作る、おもてなし料理教室「Five or Under」を主宰する、ネイチャーマン初音先生(昨年、感謝祭のターキー特集で弊紙協力)によるレシピ第2弾!

前回好評だった豆の缶詰レシピに続き、今回はトマトソースで作る「シャクシューカ」を紹介します


「シャクシューカ」とは

熱々のトマトソースと半熟卵をパンに絡めて食べる、イスラエルの朝ごはん。少々焦げ感のあるトマトソースと、半熟の黄味のコクがたまらない一品。フライパンごとサーブできるのも、うれしいポイント!

【材料】

マリナーラソース・・・1瓶
卵・・・人数分(1人1個×人数)
パセリ・・・少々
パルメザンチーズ・・・好みの分量


【作り方】

1. フライパンにマリナーラソースを入れ、煮立たせる

2.マリナーラソースが熱くなったところで卵を割り、入れる

3. ふたをして中火で加熱。半熟になったら火を止める

4.  パセリとパルメザンチーズを振り掛ける

※パルメザンチーズの代わりに、フェタチーズやゴートチーズも合います

5. 完成!

All Photos by Hatsune Naturman

【おまけ情報】

<生のトマトや、水煮缶を使う場合>

たっぷりのニンニクと共に、塩、パプリカ、シナモン、チリパウダー、クミン、レッドペッパー、蜂蜜などで味を整えます。卵で味が薄まるため、しっかりとした味付けにするのがポイント。

シャクシューカは、味付けも具も各家庭で違い、それぞれの味を楽しめるのも魅力。今回は作りやすいように具材を入れていませんが、タマネギ、イエローペッパー、ナス、豆の水煮、ハムス、ひき肉などを加えてもおいしくできます。

具沢山のシャクシューカは、ディナーに丁度良いです。家のパントリーにあるもので、オリジナルのシャクシューカを作ってみてください。


Hatsune Naturmanさん

双子含む4児の母。五つ以下の食材で作る、おもてなし料理教室「Five or Under」を主宰。ニュージャージー州チャタムと、マンハッタン・ユニオンスクエアにて教室開催。子供連れも参加歓迎。(ひでこコルトンさん主宰「NY*おもてなし料理教室」認定校)
【問い合わせ】
five-or-under.com/Instagram: @fiveorunder

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。