プロ直伝! おうちで簡単「トマトソースレシピ」

五つ以下の食材で作る、おもてなし料理教室「Five or Under」を主宰する、ネイチャーマン初音先生(昨年、感謝祭のターキー特集で弊紙協力)によるレシピ第2弾!  前回好評だった豆の缶詰レシピに続き、今回はトマトソースで作る「シャクシューカ」を紹介します

 


「シャクシューカ」とは

熱々のトマトソースと半熟卵をパンに絡めて食べる、イスラエルの朝ごはん。少々焦げ感のあるトマトソースと、半熟の黄味のコクがたまらない一品。フライパンごとサーブできるのも、うれしいポイント!

材料

マリナーラソース・・・1瓶
卵・・・人数分(1人1個×人数)
パセリ・・・少々
パルメザンチーズ・・・好みの分量

 


作り方

1. フライパンにマリナーラソースを入れ、煮立たせる

 

2.マリナーラソースが熱くなったところで卵を割り、入れる

 

3. ふたをして中火で加熱。半熟になったら火を止める

 

4.  パセリとパルメザンチーズを振り掛ける

※ポイント1

パルメザンチーズの代わりに、フェタチーズやゴートチーズも合います

 

5. 完成!

All Photos by Hatsune Naturman

 

●おまけ情報

<生のトマトや、水煮缶を使う場合>

たっぷりのニンニクと共に、塩、パプリカ、シナモン、チリパウダー、クミン、レッドペッパー、蜂蜜などで味を整えます。卵で味が薄まるため、しっかりとした味付けにするのがポイント。シャクシューカは、味付けも具も各家庭で違い、それぞれの味を楽しめるのも魅力。今回は作りやすいように具材を入れていませんが、タマネギ、イエローペッパー、ナス、豆の水煮、ハムス、ひき肉などを加えてもおいしくできます。具沢山のシャクシューカは、ディナーに丁度良いです。家のパントリーにあるもので、オリジナルのシャクシューカを作ってみてください。


Hatsune Naturmanさん

双子含む4児の母。五つ以下の食材で作る、おもてなし料理教室「Five or Under」を主宰。ニュージャージー州チャタムと、マンハッタン・ユニオンスクエアにて教室開催。子供連れも参加歓迎。(ひでこコルトンさん主宰「NY*おもてなし料理教室」認定校)
【問い合わせ】
five-or-under.com/Instagram: @fiveorunder

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1058

ジャピオン 春の食パン選手権

食パンの由来は諸説あるが、主食+パン=「食パン」という説が有力とか? 今回はニューヨークで購入できる食パンを、モニターに協力してもらい、食べ比べ調査を行った。サンドイッチやこんがり焼き上げたトースト、あなたはどの食パンが気になる?

Vol.1057

春よ来い、花よ来い!

暦の上ではまだだが、暖冬で花も少しずつほころびはじめ、春らしさを街中で感じるようになってきた。そこで今号では、気軽に行けるマンハッタンのガーデンと、スケールの大きい郊外のガーデンを紹介。

Vol.1056

サッカー観に行こうぜ!

アメリカでもサッカーは大人気。男子は今季リーグが始まったばかり。女子も4月から開幕するのをご存知だろうか?サッカーをやったことがある人、観戦好きな人、そして初めて観るという人も、今号を読んで、競技場へ応援しに行こう!

Vol.1055

チーズ!チーズ!!チーズ!!!

みんな大好きなチーズを大特集!アメリカ、特にニューヨークには美味しい地元産チーズや、絶品チーズ料理を提供するレストランがレストランがたくさんある。これを知らずしてニューヨークは語れないぞ!