プロ直伝!おうちで簡単「缶詰レシピ」

自粛生活で大変なのは、家族全員一つ屋根の下で四六時中一緒にいること。

普段以上に全員分の料理を作ることが大変という人も多いはず。

そこで今回は、五つ以下の食材で作る、おもてなし料理教室「Five or Under」を主宰する、ネイチャーマン初音先生(昨年、感謝祭のターキー特集で弊紙協力)による、豆の缶詰で作る「ガルバンゾビーンのスパイスソテー」を紹介します。


「ガルバンゾビーン」とは、別名「ひよこ豆」。

柔らかく、ほんのり甘味もあるので、子供でも食べやすいのが特徴。中東やインドの料理によく用いられることから、スパイスとの相性が良く、サーモンやチキンの付け合わせ、サラダ、おつまみにもなる、汎用性が高い一品。

小さなボテガ(食料品店)でも必ずガルバンゾビーンの缶詰は売っていて、数ある食材の缶詰めの中でも多様にアレンジでき、味が落ちない上に栄養価も高いのがポイント!

【材料】

ガルバンゾビーン・・・1缶
ガラムマサラ・・・小さじ1杯
にんにく・・・6かけ
塩・・・小さじ1/2 杯
オリーブオイル・・・大さじ4杯


【作り方】

1. 缶詰を開け、水をはったボールの中でしっかりと洗う

※ポイント1 最初は洗剤のような泡が立ちますが、水を替えながら洗うことでぬめりが取れ、泡もなくなります。

※ポイント2 ひよこ豆には透明な皮があり、こすりながら洗っていると水面に浮くので、すくって捨てていきましょう。この薄皮を取り除くことで舌触りがよく、見た目もきれいに仕上がります。

2.にんにくはみじん切りにする

3.フライパンを中火にかけ、オリーブオイル、にんにくを入れる

4.にんにくの香りがオリーブオイルにうつったら、ガルバンゾビーンと塩、ガラムマサラ(※)を加えて炒める

5.ガルバンゾビーンにしっかりと熱が通り、柔らかくなったら完成!

All Photos by Hatsune Naturman

※ガラムマサラは、インドで使われるスパイスミックス。それぞれのブランドで調合は異なりますが、シナモン、クローブ、ナツメグをベースに、クミン、こしょう、カルダモン、ローリエなどを加えたものが多いです。

ガラムマサラが家庭にない場合でも、上記のスパイスであるものを少量づつ加えることで、似た味にすることができます

【おまけ情報】

・ガラムマサラは、日本のルーを使用してカレーを作る際、大さじ1〜2杯加えると、一気に本格的な味わいになります。

・ガルバンゾビーンを使ったメニューには、ファラフェル(中東のひよこ豆のコロッケ)やハムス(ひよこ豆のペースト)などがあります。洗った上でサラダに入れたり、素揚げにしてスナックにしてもおいしいので、ぜひ試してみてください。


Hatsune Naturmanさん

双子含む4児の母。五つ以下の食材で作る、おもてなし料理教室「Five or Under」を主宰。ニュージャージー州チャタムと、マンハッタン・ユニオンスクエアにて教室開催。子供連れも参加歓迎。(ひでこコルトンさん主宰「NY*おもてなし料理教室」認定校)
【問い合わせ】
five-or-under.com/Instagram: @fiveorunder

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。