コロナ渦のニューヨーク、テークアウトフード編①<写真レポ>

編集部がマンハッタンの街並みを写真で紹介する「写真レポ」。今回は、営業を続けるマンハッタンの飲食店からテークアウトで購入したものを紹介する、シリーズの第1弾。

※店名をクリックするとウェブサイトへリンクします


Shake Shack

店舗専用アプリをダウンロードすれば、スマホからも注文可能(※営業中店舗はウェブサイト、または店舗専用アプリで確認ください)

アプリで注文し、近所の店舗へ取りに行くのが筆者の定番スタイル。自粛当初はソーシャルディスタンスを保ちながらも店内注文が可能でしたが、現在は窓越しでの対応に切り替わっています。

食べ応えあるフライドポテトが懐かしくなる時、本当に助かっています。

 


Bluestone Lane

店舗専用アプリをダウンロードすれば、スマホからも注文可能(※営業中店舗はウェブサイト、または店舗専用アプリで確認ください)

朝食においしいコーヒーとサンドイッチを食べたいと思い、ウェブサイトからオーダー。希望した時間に取りに行けばいいのですが、調理する従業員が少ないせいか、入り口で受け取りを待つ人が意外と多くて、混み合っていました。

注文した「B.L.A.T.E」は、クリスピーベーコンがサクサクで目玉焼きもちょうど良い焼き具合で満足。野菜不足だったのでサラダ付きはありがたかったです。

 


Maison Pickle

ふわふわのフレンチトーストがおいしくて、巻頭特集「春の食パン選手権」でも紹介した店。

フレンチトーストがどう入っているのかと思ったら、それぞれパン、フルーツ、生クリーム、シロップ、シナモンと別々のケースに。

トーストは相変わらずふわふわしていて、あっと言う間に完食。

お店のようにうまく盛り付けできませんが、子供のいる家庭であれば、一緒に盛り付けも楽しめそうですね。

店舗情報 2315 Broadway
営業時間 月-金曜日 4-10pm
土-日曜日 10am-10pm

 


Maki Maki

営業中の店舗はレキシントンアベニュー店だけですが、店頭注文、オンライン予約でピックアップが可能。

取材中のランチに立ち寄り購入。久しぶりに手巻きを食して感動しました!

店員さんも「元気?」と、気さくに声をかけてくれました。オフィス街にあるため、自粛前のランチタイムは混んでいて待つことが多かったのですが、人通りの少ない今だからこそ、すぐ受け取ることができました。

一つずつ丁寧に包んである、手巻きスタイルがいいですね。巻きずしもオススメです。

店舗情報 360 Lexington Ave.
TEL: 212-557-5733
営業時間 ランチ: 11:30-3pm
ディナー: 5-9pm

Chama Mama

話題をひとくち」でも紹介した、ジョージア料理店は、オンラインオーダーまたは電話、店頭にて注文可能。

店員のオススメ「Eggplant」は、ナス、コリアンダーなどにジョージアンスパイスが効いた料理。パンでも合いますが、白米との相性もいい気がしました。

「Eggplant」

ジョージア料理といえば、「Adjaruli」。家に到着した頃には少し冷めていたものの、電子レンジで温めたら、トロトロチーズとふわふわパンが復活。これは、マスト注文です!

「Adjaruli」

店舗情報 149 W. 14th St.
TEL: 646-438-9007
営業時間 11am-8pm

 


デリバリーアプリは、デリバリーだけでなくピックアップに対応している店も多いです。配達手数料もかからないのが、ピックアップのいいところ。運動を兼ねて、お店に取りに行くのも楽しいですよ。「お気に入りだったあの店どうしてるかな? 」と思ったら、注文してみましょう!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。