コロナ渦のニューヨーク、テークアウトフード編①<写真レポ>

編集部がマンハッタンの街並みを写真で紹介する「写真レポ」。今回は、営業を続けるマンハッタンの飲食店からテークアウトで購入したものを紹介する、シリーズの第1弾。

※店名をクリックするとウェブサイトへリンクします


Shake Shack

店舗専用アプリをダウンロードすれば、スマホからも注文可能(※営業中店舗はウェブサイト、または店舗専用アプリで確認ください)

アプリで注文し、近所の店舗へ取りに行くのが筆者の定番スタイル。自粛当初はソーシャルディスタンスを保ちながらも店内注文が可能でしたが、現在は窓越しでの対応に切り替わっています。

食べ応えあるフライドポテトが懐かしくなる時、本当に助かっています。

 


Bluestone Lane

店舗専用アプリをダウンロードすれば、スマホからも注文可能(※営業中店舗はウェブサイト、または店舗専用アプリで確認ください)

朝食においしいコーヒーとサンドイッチを食べたいと思い、ウェブサイトからオーダー。希望した時間に取りに行けばいいのですが、調理する従業員が少ないせいか、入り口で受け取りを待つ人が意外と多くて、混み合っていました。

注文した「B.L.A.T.E」は、クリスピーベーコンがサクサクで目玉焼きもちょうど良い焼き具合で満足。野菜不足だったのでサラダ付きはありがたかったです。

 


Maison Pickle

ふわふわのフレンチトーストがおいしくて、巻頭特集「春の食パン選手権」でも紹介した店。

フレンチトーストがどう入っているのかと思ったら、それぞれパン、フルーツ、生クリーム、シロップ、シナモンと別々のケースに。

トーストは相変わらずふわふわしていて、あっと言う間に完食。

お店のようにうまく盛り付けできませんが、子供のいる家庭であれば、一緒に盛り付けも楽しめそうですね。

店舗情報 2315 Broadway
営業時間 月-金曜日 4-10pm
土-日曜日 10am-10pm

 


Maki Maki

営業中の店舗はレキシントンアベニュー店だけですが、店頭注文、オンライン予約でピックアップが可能。

取材中のランチに立ち寄り購入。久しぶりに手巻きを食して感動しました!

店員さんも「元気?」と、気さくに声をかけてくれました。オフィス街にあるため、自粛前のランチタイムは混んでいて待つことが多かったのですが、人通りの少ない今だからこそ、すぐ受け取ることができました。

一つずつ丁寧に包んである、手巻きスタイルがいいですね。巻きずしもオススメです。

店舗情報 360 Lexington Ave.
TEL: 212-557-5733
営業時間 ランチ: 11:30-3pm
ディナー: 5-9pm

Chama Mama

話題をひとくち」でも紹介した、ジョージア料理店は、オンラインオーダーまたは電話、店頭にて注文可能。

店員のオススメ「Eggplant」は、ナス、コリアンダーなどにジョージアンスパイスが効いた料理。パンでも合いますが、白米との相性もいい気がしました。

「Eggplant」

ジョージア料理といえば、「Adjaruli」。家に到着した頃には少し冷めていたものの、電子レンジで温めたら、トロトロチーズとふわふわパンが復活。これは、マスト注文です!

「Adjaruli」

店舗情報 149 W. 14th St.
TEL: 646-438-9007
営業時間 11am-8pm

 


デリバリーアプリは、デリバリーだけでなくピックアップに対応している店も多いです。配達手数料もかからないのが、ピックアップのいいところ。運動を兼ねて、お店に取りに行くのも楽しいですよ。「お気に入りだったあの店どうしてるかな? 」と思ったら、注文してみましょう!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。