この店の話題をひとくち

オリジナルスパイスでほっこり ジョージアの家庭料理

地下鉄の赤(1、2、3)ラインのユニオンスクエア駅から数メートル圏内にある「チャマ・ママ」は、開店してまだ1年ほどのジョージアンレストラン(ジョージア州ではなく国の方)。昔はグルジアと呼ばれていた旧ソビエト連邦から独立したジョージアは、周辺をコーカサス山脈に囲まれている、ヨーロッパとアジアの境にある国。すでにヨーロッパでのジョージア料理の人気は高いそうだが、まだニューヨークでは数店しかなく珍しい。

 

「Lobio in a Clay pot with Fermented Vegetables($16)」は、豆とオリジナルスパイスのシチュー。ふた代わりのコーンブレッドやピクルスは自家製。体の芯から温まるやさしい味

 

ジョージアのオリジナルスパイスを使用した伝統的な料理の数々は、ピリっとした辛さではなく、鼻にツーンときた後、じわじわと舌を攻めてくる独特の刺激がありつつも、やさしい味が魅力。小籠包風の「ヒンカリ」や伝統のチーズパン「アジャルリ」など、見た目も味も初めてのワクワク感があるのもうれしい。さらに、オーナーのタマラさんのセンスが光る、クレイポットや食器類も料理とバランスが合う。

厨房にある大きな窯で焼かれた自家製パンと共に、ジョージア料理を楽しもう。

 

チーズ、卵、バターをかき混ぜる店員のパフォーマンスが人気の「Adjaruli」は、ジョージアの伝統料理

 

 

Chama Mama
149 W. 14th St.bet. 6th & 7th Aves.
TEL: 646-438-9007
chamamama.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。