この店の話題をひとくち

オリジナルスパイスでほっこり ジョージアの家庭料理

地下鉄の赤(1、2、3)ラインのユニオンスクエア駅から数メートル圏内にある「チャマ・ママ」は、開店してまだ1年ほどのジョージアンレストラン(ジョージア州ではなく国の方)。昔はグルジアと呼ばれていた旧ソビエト連邦から独立したジョージアは、周辺をコーカサス山脈に囲まれている、ヨーロッパとアジアの境にある国。すでにヨーロッパでのジョージア料理の人気は高いそうだが、まだニューヨークでは数店しかなく珍しい。

 

「Lobio in a Clay pot with Fermented Vegetables($16)」は、豆とオリジナルスパイスのシチュー。ふた代わりのコーンブレッドやピクルスは自家製。体の芯から温まるやさしい味

 

ジョージアのオリジナルスパイスを使用した伝統的な料理の数々は、ピリっとした辛さではなく、鼻にツーンときた後、じわじわと舌を攻めてくる独特の刺激がありつつも、やさしい味が魅力。小籠包風の「ヒンカリ」や伝統のチーズパン「アジャルリ」など、見た目も味も初めてのワクワク感があるのもうれしい。さらに、オーナーのタマラさんのセンスが光る、クレイポットや食器類も料理とバランスが合う。

厨房にある大きな窯で焼かれた自家製パンと共に、ジョージア料理を楽しもう。

 

チーズ、卵、バターをかき混ぜる店員のパフォーマンスが人気の「Adjaruli」は、ジョージアの伝統料理

 

 

Chama Mama
149 W. 14th St.bet. 6th & 7th Aves.
TEL: 646-438-9007
chamamama.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。