オリジナルスパイスでほっこり ジョージアの家庭料理

地下鉄の赤(1、2、3)ラインのユニオンスクエア駅から数メートル圏内にある「チャマ・ママ」は、開店してまだ1年ほどのジョージアンレストラン(ジョージア州ではなく国の方)。昔はグルジアと呼ばれていた旧ソビエト連邦から独立したジョージアは、周辺をコーカサス山脈に囲まれている、ヨーロッパとアジアの境にある国。すでにヨーロッパでのジョージア料理の人気は高いそうだが、まだニューヨークでは数店しかなく珍しい。

 

「Lobio in a Clay pot with Fermented Vegetables($16)」は、豆とオリジナルスパイスのシチュー。ふた代わりのコーンブレッドやピクルスは自家製。体の芯から温まるやさしい味

 

ジョージアのオリジナルスパイスを使用した伝統的な料理の数々は、ピリっとした辛さではなく、鼻にツーンときた後、じわじわと舌を攻めてくる独特の刺激がありつつも、やさしい味が魅力。小籠包風の「ヒンカリ」や伝統のチーズパン「アジャルリ」など、見た目も味も初めてのワクワク感があるのもうれしい。さらに、オーナーのタマラさんのセンスが光る、クレイポットや食器類も料理とバランスが合う。

厨房にある大きな窯で焼かれた自家製パンと共に、ジョージア料理を楽しもう。

 

チーズ、卵、バターをかき混ぜる店員のパフォーマンスが人気の「Adjaruli」は、ジョージアの伝統料理

 

 

Chama Mama
149 W. 14th St.bet. 6th & 7th Aves.
TEL: 646-438-9007
chamamama.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。

Vol. 1099

元祖ソウルフード ピザ魅力

「アメリカらしさ」「ニューヨークらしさ」が揺らいでも、ピザのうまさは揺らがない。ピザ激戦区・ニューヨークでも「名店」とうたわれる店を食べ比べて、その奥深さに思いをはせてみよう 。

Vol. 1098

春ファッションが楽しくなる かわいい小物にくびったけ!

いよいよ春が到来! 不安の尽きない日々だけど、お気に入りファッションに身を包めば自然と気分もアップするはず。トレンドの小物を取り入れて、今ならではの春ファッションをエンジョイしよう!

Vol. 1097

まだまだ不安の多い時代だからこそ

今すぐ実践 ストレス解消法を一挙紹介!

春の気配とワクチンの普及を感じながらも、まだまだ続く寒さとコロナによって、閉塞感や不安を抱えている人が増えている。身近に手軽にできるものから、ちょっと足を伸ばして行えるストレス解消法までを一挙ご紹介。ストレスを手放し、心身共に健康な状態で春を迎えよう!