巻頭特集

今だからこそウキウキ!大人の社会科見学

 

最高級ピアノができるまで

工程のほとんどをハンドメードで行う、最高級のピアノブランドとして知られる「スタインウェイ&サンズ」。11853年創業のブランドで、100年ほど、クイーンズ区アストリアにある工場でピアノ作りをしている。

同工場で催行されている一般向けツアーでは、約1万2000パートに分かれ、総工程は9カ月以上かかるというグランドピアノ作りを、間近で見ることができる。

 

長年勤めているスタッフが多く、ピアノ作りに誇りを持っている


薄く切られたメープルウッドを10〜20枚丁寧に重ね、グランドピアノの型にはめて形成する工程を見たことのある人は、なかなか少ないだろう。形成から内部部品作り、湿気を取るためにピアノを乾かす倉庫やサウンドチェックシステムなど、工場見学では驚くほど細かく分
かれた作業を見ることができる。ピアノとはここまで繊細な楽器だったのか、と再確認できるほどだ。

最初はピンとこなかったボディーも、ツアー終盤になるとどんどんピアノらしくなり、最終的にはポリッシュと5度のチューニングをすることで、完成に近づいてくる。

 

またピアノは一生モノ、ということで、スタインウェイではピアノの修理サービスも行うなど、手厚いサービスも提供。このツアーに参加すると、ピアノがどれだけ手の込んだ楽器で、価値のあるものなのかを学べるに違いない。

 

 

Steinway & Sons

18-1 Steinway Pl.
Astoria, NY 11105
steinway.com
パブリックツアーは火・木曜日催行。大人20ドル。

 

固定ページ: 1 2 3 4 5

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。