巻頭特集

今だからこそウキウキ!大人の社会科見学

 

最高級ピアノができるまで

工程のほとんどをハンドメードで行う、最高級のピアノブランドとして知られる「スタインウェイ&サンズ」。11853年創業のブランドで、100年ほど、クイーンズ区アストリアにある工場でピアノ作りをしている。

同工場で催行されている一般向けツアーでは、約1万2000パートに分かれ、総工程は9カ月以上かかるというグランドピアノ作りを、間近で見ることができる。

 

長年勤めているスタッフが多く、ピアノ作りに誇りを持っている


薄く切られたメープルウッドを10〜20枚丁寧に重ね、グランドピアノの型にはめて形成する工程を見たことのある人は、なかなか少ないだろう。形成から内部部品作り、湿気を取るためにピアノを乾かす倉庫やサウンドチェックシステムなど、工場見学では驚くほど細かく分
かれた作業を見ることができる。ピアノとはここまで繊細な楽器だったのか、と再確認できるほどだ。

最初はピンとこなかったボディーも、ツアー終盤になるとどんどんピアノらしくなり、最終的にはポリッシュと5度のチューニングをすることで、完成に近づいてくる。

 

またピアノは一生モノ、ということで、スタインウェイではピアノの修理サービスも行うなど、手厚いサービスも提供。このツアーに参加すると、ピアノがどれだけ手の込んだ楽器で、価値のあるものなのかを学べるに違いない。

 

 

Steinway & Sons

18-1 Steinway Pl.
Astoria, NY 11105
steinway.com
パブリックツアーは火・木曜日催行。大人20ドル。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。