巻頭特集

今だからこそウキウキ!大人の社会科見学


ニューヨークの歴史はここから

ニューヨークのシティーホール(市庁舎)は、アメリカ国内で最も古い市庁舎として知られている。現在の建物は3代目で、1810〜12年の建築。アメリカの国定歴史建造物、および国家歴史登録財に指定されている、由緒ある建物だ。

シティーホールの一般向けツアーは、ニューヨーク市の歴史について丁寧な説明があり、かつ無料で参加できるのがうれしい。

建築家ジョセフ・フランソワ・マンギンとジョン・マッコム・ジュニアの2人による、左右対称のフレンチ・ルネサンス様式の建物の中に入ると、アメリカ独立の父ジョージ・ワシントンの像がお出迎え。ツアーはここからスタートする。

建物に入ると、すぐにブロンズ製のジョージ・ワシントン像が現れる

 

 

美しいらせん階段を登った先の2階には、貴ひん室のような豪華さのガバナーズルームがある。ジョージ・ワシントンをはじめ、歴代の大統領やニューヨーク州知事、市長、そしてニューヨークのみならずアメリカの歴史に貢献した人々の肖像画が、ずらりと飾られている。この部屋には、1861年の大統領選挙の際に、当時の候補者だったエーブラハム・リンカーンも訪れているそうだ。

同じく市庁舎2階には、改修を終えた市議会室がある。こちらはマホガニーを使った家具や、天井の大きな絵画は、劇場のような豪華さだ。政治に興味がない人でも、心躍るツアーのはず。

 

 

New York City Hall

on Park Row
www1.nyc.gov/site/design commission/public-programs/tours/city-hall.page
一般向けツアーは月・火曜日(グループ)、木・金曜日(個人)。無料、詳細は要問い合わせ

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。