巻頭特集

今だからこそウキウキ!大人の社会科見学


ニューヨークの歴史はここから

ニューヨークのシティーホール(市庁舎)は、アメリカ国内で最も古い市庁舎として知られている。現在の建物は3代目で、1810〜12年の建築。アメリカの国定歴史建造物、および国家歴史登録財に指定されている、由緒ある建物だ。

シティーホールの一般向けツアーは、ニューヨーク市の歴史について丁寧な説明があり、かつ無料で参加できるのがうれしい。

建築家ジョセフ・フランソワ・マンギンとジョン・マッコム・ジュニアの2人による、左右対称のフレンチ・ルネサンス様式の建物の中に入ると、アメリカ独立の父ジョージ・ワシントンの像がお出迎え。ツアーはここからスタートする。

建物に入ると、すぐにブロンズ製のジョージ・ワシントン像が現れる

 

 

美しいらせん階段を登った先の2階には、貴ひん室のような豪華さのガバナーズルームがある。ジョージ・ワシントンをはじめ、歴代の大統領やニューヨーク州知事、市長、そしてニューヨークのみならずアメリカの歴史に貢献した人々の肖像画が、ずらりと飾られている。この部屋には、1861年の大統領選挙の際に、当時の候補者だったエーブラハム・リンカーンも訪れているそうだ。

同じく市庁舎2階には、改修を終えた市議会室がある。こちらはマホガニーを使った家具や、天井の大きな絵画は、劇場のような豪華さだ。政治に興味がない人でも、心躍るツアーのはず。

 

 

New York City Hall

on Park Row
www1.nyc.gov/site/design commission/public-programs/tours/city-hall.page
一般向けツアーは月・火曜日(グループ)、木・金曜日(個人)。無料、詳細は要問い合わせ

 

固定ページ: 1 2 3 4 5

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。