巻頭特集

楽しみ方いろいろVery Merry Christmas

クリスマスまであと1週間。街を歩けばジングルベルとイルミネーションに包まれてソワソワ&ウキウキ気分に。今週はこの時期ニューヨークで絶対に外せないスポットや、世界各地のクリスマスの祝い方、伝統料理をご紹介。(取材・文/加藤麻美)


毎年行っても、何度見ても感動する
NYこの冬のおすすめスポット・ベスト5

ニューヨークらしいクリスマススポットや思い出に残るアクティビティーを厳選。

1. クリスマスツリー@ロックフェラーセンターとサックス・ホリデー・ショー

ホリデーシーズンを象徴する輝きは、観光客はもちろんニューヨーカーにとっても特別な存在。今年選ばれたツリーは高さ82フィート、重さ14トン、樹齢約85〜90年のノルウェイスプルース。5万個を超える色とりどりのLEDライトと、900ポンドのスワロフスキーの星が冠として飾り付けられている。そして、ロックフェラセンターのクリスマスツリーとセットで楽しめるのが、通りを隔てて反対側にあるサックス・フィフス・アベニューのホリデーショー。何十万個ものLEDライトが、ホリデーミュージックとシンクロしながら5番街の49丁目と50丁目の間にある同旗艦店の側面に映し出される(3〜4分)。

★毎日午前6時から深夜0時まで。クリスマスイブは24時間。大晦日は午後9時まで。ツリーの撤去日はTBA。ホリデーショーは毎日午後5時から11時まで10分間隔。2023年1月上旬まで。

2.クリスマススペクタキュラー@ラジオ・シティ・ミュージック・ホール

ラジオシティロケッターズが出演するホリデーシーズンの「鉄板」ショー。空飛ぶサンタクロースや生きたラクダ、ロケッターズの一糸乱れぬシンクロナイズド・プレシジョン・ダンスを楽しめる(90分)。

★2023年1月2日まで。チケット購入はhttp://radiocity.musichall-ny.org

3.くるみ割り人形@ニューヨーク・シティ・バレエ

20世紀を代表する振付家ジョージ・バランシン(1904〜83年)が1954年に発表、世代を超えて愛されるホリデーシーズンの「伝統」パフォーマンス。チャイコフスキーの流麗な音楽に合わせて華麗な踊りを披露するのはニューヨーク・シティ・バレエの団員とスクール・オブ・アメリカン・バレエの生徒たち。見どころは12フィートから40フィートまで成長するクリスマスツリー。ちなみに昨年の公演時には軍司兼成(けんせい)さん(13)が日本人として初めてプリンス役に抜擢された。

★12月31日まで。チケット購入はwww.nycballet.com

4. ガーデングロウ&ホリデー・トレイン・ショー@ニューヨーク植物園

光と音による屋外のホリデーショーとしてはニューヨーク最大規模。ライトアップされるのは、ハウプト温室とマーツ図書館を中心とした約1・5マイルのコース。30年以上も続くホリデー・トレイン・ショーでは、葉っぱや小枝、樹皮、木の実などの自然素材で作ったニューヨークのランドマーク(エンパイア・ステート・ビルや自由の女神、ブルックリン橋など)のミニチュア190体を背景に、約8キロメートルの線路を25台のGスケールモデル列車が走る。他には話題のフードベンダーが並ぶナイトマーケットや氷の彫刻の展示などもあり。

★12月15〜17日、22〜23日、26〜30日、2023年1月1日、7日、14日午後5時から10時まで。チケット購入はwww.nybg.org

5.クリスマスイルミネーション@ダイカーハイツ(ブルックリン)

通称「ダイカーライト」。年々派手になるイルミネーションを一眼見ようと地元のみならず世界中から観光客が押し寄せる、ホリデーシーズン屈指の人気スポット(写真上)。ネイティビティ(キリスト降誕場面)やジャンボサンタ、トナカイ、雪だるまなど大掛かりな飾り付けとライトアップで通りは光の洪水に。バスツアーもある。

★12月31日まで。83丁目から86丁目までの11番から13番街(ダイカーハイツブルバード)。日没から午後9時まで。バスツアー:www.viator.comasliceofbrooklyn.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。