巻頭特集

運気を上がる!ニューヨークの開運スポット

ラッキーカラーとラッキーアイテムを新調しよう

新年、身近なアイテムを新調することで気持ちもリフレッシュ。この機会に幸運を引き寄せるアイテムや色を身に着けよう。


風水的、星回り的に見て今年のラッキーカラーは「青・緑・ピンク」(前出の菊桃ヨさん)。寒色の緑や青は自然の色でもあり、癒しや落ち着きをもたらす色と言われ、暖色のピンクは優しさや愛らしさをイメージする色だ。金は鉄板の金運アップのカラーで、いつでもラッキーカラーとされている色。この4色を身に着けることで幸運を引き寄せるスピードが速まるという。財布や名刺ケースといった革小物は新年に新調すると縁起が良く、ラッキーカラーを取り入れてみてもいいだろう。

たんすの肥やしになっているジュエリーを普段使い

キラキラと光る金は運気上昇のカラーとして有名だ。金と言えばジュエリー。男女共に金のジュエリーはラッキーアイテムだが、新しいものを買わなくても大丈夫。たんすの肥やしになっているような特別なシーンにしか着けてこなかったジュエリーや時計を普段使いするのがポイントだ。普段よりも高価なものを身に着け、アップグレードさせていくとよいそう。

なりたい自分を想像した
アイテムを投入

スタイルとしては、カジュアルすぎるスタイルよりもエレガントなスタイルがおすすめだ。それでもカジュアルなスタイリングにこうした一点豪華なアイテムを着こなしに取り入れるのも良い。なりたい自分をイメージし、いつもより上質なものを身に着けることで自信を高めることができるだろう。素材もツイードなど、しっかりとした上質な素材が運気を上げてくれそうだ。仕事運をアップさせたい場合は、こうした素材でジャケットなどを新調してみるのも良い。

前述したホーム関連のグッズをアップグレードすることも忘れないようにしよう。パジャマ、スリッパ、下着は新年に新調し、さらに思い切って今までよりも高価なものを購入することで、幸運を引き寄せることができる。キャンドルやルームディフューザーなどで好きな香りを取り入れ、心地よい住環境を作ることも重要だ。こうした香りのアイテムを旅に持って行けば、より楽しい時間を過ごすこともできるだろう。


2022年に買うべきラッキーアイテム

バスローブ

お風呂上がりにすっぽりと身を包めるバスローブ。コットン100%で弾力感もあり、濡れた体に羽織るだけでいいという重宝すること間違いないアイテム。タオル地だけでなく、ジャカードコットンやオックスフォードなどもあり、季節に合わせて選ぶことができる。

バスローブ(メンズ): $135
RALPH LAUREN
ralphlauren.com


スポーツウェア

Photo by alo

エクササイズも開運となるため、スポーツウエアにもラッキカラーを取り入れよう。ブラトップは普段のスタイリングにも取り入れやすいため、幅広く活躍しそうだ。写真の「Alo」はセレブリティーが日頃から着用していることでも知られる。

ブラトップ $58
Alo
aloyoga.com


ルームシューズ

ルームシューズもこだわりの一足にリニューアルしてみよう。イタリアメードのベルベットルームシューズは上質感が漂う。全てハンドメードで作られ、ローファーやスニーカーもあるなど、職人技が光る。

ルームシューズ(メンズ): $225
Del Toro
deltoroshoes.com


ジュエリー


ダイヤモンドを惜しげもなく使ったゴールドのエタニティーリング。どんなスタイリングにもなじむエレガントなデザインは長く愛用できるだろう。ちなみにこの「MEJURI」は、透明性のある価格設定で注目を集めているブランドだ。

リング: $2400〜
MEJURI
mejuri.com


シルクのパジャマ


パジャマは肌触りの良い上質なシルクをチョイス。眠りの質まで変わりそうだ。色はラッキーカラーを取り入れて。写真のパジャマは、男女が抱き合って踊っているようなユニークなパターンで、他にも動物柄や無地もそろえる。

パジャマ: $600
OLIVIA VON HALLE
us.oliviavonhalle.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。