巻頭特集

自由気ままにデトックス

年末も近くなり何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!

今号は気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。


体験レポ1
すっきり快眠!

ヒマラヤンソルトの洞窟
—編集部、謎の「塩セラピー」を初体験—

塩セラピーなど聞いたことなかったが、実は何となく納得もできた。塩は昔から保存食に使われてきたし(塩漬けとか)、歯磨き剤などなかった時代には、塩で歯を磨いたと聞く。

塩に囲まれた空間

マッサージやサウナと違って、服を脱ぐでなし、着替えるでなし。ソックスを履くのが「モントーク・ソルトケーブ」のルールだ。照明が落とされた塩の洞窟に入ると、そこがイーストビレッジのビル内であることをしばし忘れる。四方の壁がピンクのヒマラヤンソルトの塊でできており、床はその粒子が敷き詰められた塩のビーチ。カ氏70度の洞窟は少しひんやりして、ピリッとした空気が心地いい。

ここで、潮騒の音を聴きながら45分間過ごすのが塩セラピーだ。最初はリクライニングチェアに座り、天井の星空モチーフを眺めたりしていたが、そのうち塩ビーチに座り込んでストレッチを始めた。深呼吸をして、ついでに童心に戻って砂(塩)遊びも楽しむ。塩の上では、いつもより体が柔らかくなった感覚だったが、気のせいか。

 

室内はどこか澄み切った空気が漂い、心地いい。これも塩の効果か?

 

モントークにある塩の洞窟を再現している

 

塩セラピーは「HALOセラピー」とも言い、ぜん息や鼻炎、各種アレルギー、皮膚炎から不安症や風邪まで、いろいろな症状に効果を発揮するとされる。

塩は抗菌、抗ウイルス効果を持つ、天然の抗炎症物質だ。塩の洞窟内には、マイナスイオンを持つ塩の微粒子と、カルシウムやマグネシウムなど84種類のミネラル微粒子が充満。これらを吸い込むことで、呼吸器官の花粉やウイルス、毒素が浄化されるという。

この洞窟は、シャノン・コッポラさんが5年前に始めた。当時5歳の息子さんが重度の呼吸器疾患で、西洋医学の限りを尽くしたがよくならず。知り合いに勧められ、わらをも掴む思いで塩セラピーを試したところ、一気に症状が改善。もっと多くの人に知ってほしいと思ったそうだ。

 

ヨガをして過ごす人も多いそう

効果のほどは?

セッション後、街の喧騒(けんそう)に戻り地下鉄に乗ったら、いやに空気が汚れているように感じた。そして、その晩はなぜか心地よい倦怠感があり、まさに眠りに「落ちた」。翌日、体験した編集スタッフが2人とも「塩セラピー、すごくない?」と異口同音の巻。

通常セッションは45分40ドル。初回は25ドル、そして毎水曜日は20ドルという手軽な値段もうれしい。

 

 

Montauk Salt Cave
90 E. 10th St., 2nd Fl.
212-677-7258
montauksaltcave.com
Mon-Fri: 10am-8pm
Sat & Sun: 10am-6pm

 

固定ページ: 1 2 3 4

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。