巻頭特集

自由気ままにデトックス

体験レポ2

ほっこり落ち着く
昔ながらのサウナ

疲れた仕事帰りには、知る人ぞ知る、金融街のロシア系サウナでさっぱり。

心身の健康への意識が高いニューヨーカーは、デトックス効果のあるサウナにも興味津々。市内にはさまざまな趣向を凝らした内装やサービスの専門店がある。しかし、ヒップでスタイリッシュな若者向けの雰囲気のものは、いわゆる日本で慣れ親しんだサウナとは様相が異なる。

仕事帰りに予約なしで立ち寄れて、マイペースに、気兼ねなく過ごせるサウナに行きたい︱︱。そんな疲れた大人にオススメしたいのが、金融街にあるロシア系サウナ「ウォール・ストリート・バス&スパ」だ。

半地下の入り口の程よい寂れ具合が、初見客にはちょっと入りづらい印象。雰囲気やシステムを知るべく、意を決して突撃!

 

 

 

(ほぼ)裸の瞑想体験

ここは、ロシア系、赤外線(infrated)、スチーム、アメリカ式シュヴィッツなどの各種サウナの他、プールやジャグジーなどをそろえた、総合スパ。入場料50ドルで、時間無制限に過ごせるのがいい。施設内はユニセックスで、水着が必須。

店内のあちこちにマトリョーシカが配置された、ロシアカラー全開の同店だが、従業員は気さくに英語で応対してくれるし、利用者は非ロシア系も多い。受付で入手したロッカーの鍵には番号が振ってあり、これが施設内での飲食の会計などにも使われる仕組み。

まずは最も温度の低い、セ氏60度の赤外線サウナから。10人も入ればきゅうくつな、小ぢんまりとした作りだが、木のぬくもりと静寂に包まれる感覚には落ち着きを覚える。

体に負担のない程度に、徐々に蓄積されていく熱気に、心身の老廃物が少しずつ押し出されていく、そんな心地だ。時折、地下鉄のガタゴトという音が聞こえてくるのもまた一興。

日常の些細なストレス、心配事、ミスなどを忘れ、ただ己の体だけを心に留めるひとときは、瞑想(めいそう)に近いものがある。

 

【赤外線サウナ】体を直に温める遠赤外線は、抗酸化作用に優れ、デトックス効果が見込まれる

 

【ロシア式サウナ】16トンの石を熱する、古代から伝わる伝統様式。室内にはスギの木を使用している

 

【冷水プール】セ氏11度の冷え冷えプール。血管を収縮し、内臓機能を高めるそう。サウナと交互に入ろう

 

さらなる熱を求めて

シャワーを浴びてさっぱりしたら、スチームサウナへ。室内を埋め尽くす、濃密な灼熱(しゃくねつ)の湯気が、とにかく暑い! 息を吸い込むだけでも辛く、例えるなら釜ゆで地獄。

デトックス以前に体が蒸し上がりそうだが、「ぬるい暑さでは物足りない」という歴戦のサウナ好きは、試してみるべし。

冷蔵庫のような低温室に一旦避難し、最後はセ氏100度の超高温、ロシア式サウナ。床や椅子は触れるだけでやけどしそうだ。かまどの中にいるような、肌を刺激するジリジリとした熱気が、ある時を境に、心地よくなってくる。

 

︎プールサイドのような雰囲気の中央スペースは、水着のままくつろげる

 

プールにはジャグジーもある

 

この既視感は「アレ」?

サウナの合間と終わりは、中央スペースに座って、キンキンに冷えたビールで一息。飾り気のない椅子が並び、テレビのニュース中継が映し出される店内は、どこか外界とは隔絶された独特の雰囲気。

ラグジュアリーからはほど遠いが、肩の力が抜けるこの感覚…これはまさに、日本の銭湯ではないか!

人によっては休憩を挟みつつ、2時間以上過ごすそうだ。そう考えると、50ドルという料金は悪くない。帰る前には、併設レストラン「マトリョーシカ」で、同店自慢のロシア料理を楽しむのも忘れずに。

野菜たっぷりのボルシチで健康的にフィニッシュ!

Wall Street Bath & Spa

88 Fulton St.
(bet. Gold & William Sts.)
212-766-8600
wallstreetbath.com
Mon-Sun: 11am-11pm

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。