編集部スペシャルレポート

ニューヨーク市公共図書館の予算がまた更なる削減の危機に

ミッドタウン地区にあるスタフロス・ニアーチョス財団図書館

今年3月、来年度(2024年7月開始)の予算に関する公聴会が開かれた。エリック・アダムス市長が提案する5830万ドルの予算削減案が実行されれば、7月からニューヨーク市の公共図書館の大多数は再び営業時間を短縮し、週に5日だけ開館することになると、ニューヨーク、ブルックリン、クイーンズの3区の図書館システムの館長らが警告した。昨年11月以来、市内の200以上の公共図書館の分館は、移民危機による急増する費用を補うために、図書館の大幅な予算削減を行い、すでに毎週日曜日は閉鎖されている。また、図書館は資料への支出も削減。ニューヨーク公共図書館では7万2000冊、ブルックリン公共図書館では4万冊の本やその他のアイテムが本棚から削減されているという。

そこで、各図書館ではこの予算削減に反対する人々に向けて、市庁舎及び市長に意見を送ることができるウェブページを特設している。また「Invest in Libraries」という団体では詳細を見ることができ、「私も意見を届けたい」と思う人はこちらからもアクセス可能だ。

子供らによるメッセージや署名も多く寄せられている

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。