編集部スペシャルレポート

ニューヨーク・アーティスツ・ギルド クラシックコンサート開催

2月17日(土)にリンカーンセンターのブルーノ・ワルター・オーディトリウムにてニューヨーク・アーティスツ・ギルド(NYAG)主催のコンサートが開催された。ニューヨーク州とニュージャージー州の音楽家をサポートする同団体は、才能あるアーティストを発掘し、演奏の機会を提供している。また、若い音楽家の支援のため、奨学金コンテストも毎年開催している。

本コンサートでは、ニューヨークで活躍するアーティストたちが『二重奏曲・ハ長調(ジャン・シベリウス)』や『ピアノ六重奏曲・Op.110(フェリックス・メンデルスゾーン)』など計9曲を演奏。観客には子供連れの家族も多く、気軽にクラシック音楽を堪能でき、老若男女問わず心地よい弦楽器の響きやフルートの美しい音色に酔いしれた。

今後のコンサート日程は、6月8日、9月28日、12月14日(全日程ブルーノ・ワルター・オーディトリウムにて)を予定している。

NEW YORK ARTISTS GUILD(NYAG)

nyartistsguild.org

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。