編集部スペシャルレポート

日本酒文化を世界に広める酒サムライ

日本酒造青年協議会は、日本酒および日本文化を愛し、その素晴らしさを世界に広めるために尽力されている人に敬意を表し、2023年の「酒サムライ」の称号叙任者を決定した。

「酒サムライ」は2005年に同議会が日本から日本人の「誇り」が失なわれつつあるとの危惧から、日本酒の誇りを取り戻し、日本酒文化を日本国内のみならず、広く世界に伝えていくために、日本酒を愛し育てるという志を同じくするものの集いとして結成したもの。現在までに97人が叙任しており、日本酒や日本の食文化が世界に誇れる文化であることを発信している。

今月26日には京都府の松尾大社にて叙任セレモニーが開催される。ニューヨークからはT.I.C.レストラングループの八木秀峰さん、ベトナムからは国際環境コンサルタントの高橋漠さん、ブラジルからMEGA SAKE 創立者の太田ファビオ健司さん、日本の「SAKEとWINEを愛する女性の会」の代表理事の友田晶子らが新たに叙任される。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。