インタビュー

映画 『エゴイスト』松永大司監督 × 俳優 ・ 鈴木亮平さん

特別インタビュー

映画 『エゴイスト』松永大司監督 × 俳優 ・ 鈴木亮平さん

現在開催中の「ニューヨークアジアン映画祭( NYAFF) 」で上映された映画 『エゴイスト』から、同映画祭でライジングスター・アジア賞を受賞した俳優の鈴木亮平さんと松永大司監督に話を聞いた(取材・文/音成映舞)


─今作のオファーを受けた理由

松永大司監督(以下、松永)プロデューサーの明石さんから高山真さんの原作本をいただいて、「この作品を映画にしませんか?」と言われました。自分を含め異性愛者が中心のチームでどのように形にするのかと考えた時に、作品に対して誠実に向き合いたいなと思いLGBTQ+インクルーシブディレクター、インティマシー・コレオグラファーの人たちにリサーチの段階から入ってもらいました。

鈴木亮平さん (以下、鈴木):当事者ではない自分が受けるべきかどうかは悩みました。日本人でゲイを公言して活動している俳優がいるのかも調べましたが、少なくとも3年前は見つけられませんでした。やはりハリウッドでもそうだったように、まずはヘテロセクシュアル(異性愛者)の俳優であっても良いのできちんとした作品を作り、社会や業界を前進させていければ次の段階に進めるのではないかと思い引き受けました。

─映画作りへの覚悟。 監修協力の大切さ

松永この作品でLGBTQ+インクルーシブ・ディレクターとして協力してくださったミヤタ廉さんは、今作品のヘアメイクとして参加をしてくれた方です。亮平演じる浩輔の友人役は、実際のゲイの方たちが演じていますが、出演者を探すところからミヤタさんが協力してくれました。

僕は作品を作る時に自信がないこと、怖いことがあることがよいと思っています。その怖さを知っているからこそ、LGBTQ+インクルーシブ・ディレクター、インティマシー・コレオグラファーの方、そして鈴木亮平をはじめキャスト、スタッフと一緒に作らないといけないと思うからこそ完成できたのだと思います。もし最初から自信を持っていたら、僕は違うものを作っちゃったかもしれない。だから、怖い、自信がない、ということは実は始まりとしていつも大切なことだと思っています。

鈴木僕は浩輔という役を100%責任を持ってやらなければならないし、きちんと勉強してやるべきだし、LGBTQ+コミュニティーの期待を裏切るような作品にしてはいけないなと思いました。ですから、撮影中もLGBTQ+インクルーシブ・ディレクターにシーンごとに毎回確認してもらい、アドバイスをいただいたり、そうしたリアルさを追求できたことは僕にとってとてもラッキーだったと思います。

─古くからの友人だからこそ今が嬉しいひと時

鈴木僕が22歳くらいで、監督が29歳だった頃に一緒にアルバイトをしていて、その頃は監督になりたい、俳優になりたいとただ漠然と言っていました。

そんな頃から20年近く経ちますね。この作品で一緒に仕事をして、ニューヨークの映画祭で上映されるということはとても嬉しいです。

松永僕らの映画がニューヨークの映画祭で上映され、亮平と一緒に舞台に立てたことは夢のような時間で本当に幸せです。映画祭に呼んでいただいた方々に本当に感謝しています。

─北米公開も決定!

鈴木これから映画を観る観客の皆さんが、この作品の良いことも悪いことも含め、何でもいいので感想を友達やSNSを通じて伝えてほしいです。

なぜなら、そうしたことが新たな力となってより良い日本映画を次に作っていくきっかけとなると思います。

松永僕にとって大切な映画が北米で公開されるということは本当に幸せです。

今は社会で誰かのために何かをする行為を強く求められることがあると思うんです。社会性というものを重要視され過ぎて。

だけど、自分を大切にするために、自分のエゴで誰かのことを愛するということがあってもいいんじゃないかなと思っています。そうじゃないと、人のためにばかりでは自分を見失ってしまう。自分のことはどうでもいいのかとなるとそうではない。ですから、エゴも決して悪いことではないと思ってもらえたらいいなと思います。

この映画を観た人もこれから観る人も、自分のことを大切にしてほしいですね。

 

 

松永大司 Daishi Matsunaga
1974年生まれ。トランスジェンダーの友人を8年間追ったドキュメンタリー映画『ピュ〜ぴる』(2011)で監督デビュー。15年には初の長編劇映画作品『トイレのピエタ』でヨコハマ映画祭森田芳光メモリアル新人監督賞を受賞。その他、『オトトキ』(17)、『ハナレイ・ベイ』(18)、『Pure Japanese』(22)など。

鈴木亮平 Ryohei Suzuki
1983年生まれ。2006年俳優デビュー。『HK/変態仮面』(2013)、『俺物語!!』(15)、『忍びの国』(17)、『羊と鋼の森』(18)、『ひとよ』(19)、『孤狼の血 LEVEL2』(21)、『燃えよ剣』(21)、『土竜の唄FINAL』(21)、と映画、ドラマで大活躍中。『劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』が現在日本で公開中。


作品紹介

〈ストーリー〉ファッション誌の編集者として働く斉藤浩輔は、友人が紹介してくれたパーソナルトレーナーの中村龍太と出会い付き合い始める。龍太は14歳のときにシングルマザーの母親が病気になり高校を中退し、仕事を掛け持ちして働いていた。二人の仲は順調そうに見えたが、ある日 突然、「終わりにしたい」と龍太から告げられ、浩輔は困惑する。

【出演】鈴木亮平、宮沢氷魚、ドリアン・ロロブリジーダ、柄本明、阿川佐和子
【監督・脚本】松永大司
【脚本】狗飼恭子
【原作】高山真
【公開】今年秋予定(米国)
egoist-movie.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。