編集部 潜入レポ

ニューヨーカーを虜にする完全オーダーメイドの至極デニム  ビンテージ愛からジーンズ職人へ

気になるアノ人を直撃!

ニューヨーカーを虜にする完全オーダーメイドの至極デニム

ビンテージ愛からジーンズ職人へ

巷で話題のジーンズの完全オーダーメイドができるブランド「アトランティックスタン ダード」。ディレクターの竹村ともきさんに、ブランドの立ち上げから、デニム生地、 制作工程へのこだわりなどを聞いた。


古着との出会いは、学生時代にビンテージのワークウ エアや、ジーンズ、ミリタリーウエアを扱うお店でアルバ イトをしたことがきっかけでビンテージの世界へのめり 込むようになったという。本場のジーンズを学ぶために 大学卒業後の2005年に来米し、ニューヨークのファッ ション工科大学へ進学。卒業後は、1977年に創業した デニムやインディゴに特化したブランド「45 RPM」のニ ューヨーク店で働き始める。

「そこで5ポケットのデニムにおける素材の重要さを 学び、素材について探求心が芽生えました。その後、友 人経由で、三井物産で日本の生地の企画・販売部署が ちょうど人材を探しているとのことを知り、縁があり入 社することになりました。思えばそれが僕のターニング ポイントで、生地の世界へ入るきかっけとなりました。」

同社で5年働き、生地について色々なことを学んだ後 は、繊維専門の商社で6年勤めながら生地の企画販売 のノウハウについても知識を身につけたという。

「当時は日本製のデニム生地やインディゴデニム生地 を中心に、ウールやスポーツ素材なども扱いました。日 本製は高価格で、米国側の買い手からすると「高級品」 なんです。そこでニューヨークを拠点のアパレル会社で も日本製を買えない会社がけっこうありまして、そうす るとあまり市場に出回っていない=自分の好きな生地 で作られたジーンズが入手できない事になります。なら ば、自分で作ってしまおうと、友人のパタンナーや同僚 に教えてもらいながら2017年から作り始めました。そし て、2022年に現在のブランドを立ち上げました。」

ジーンズ作りに欠かせないミシンも年代物を

セルビッチのジーンズが好きだという知記さんは、 縫製もビンテージスタイルを取り入れ、ミシンもビンテ ージのものを愛用している。中でも一番古いミシンは1947年に製造されたもので、「返し」と呼ばれる機能が なく、昔は「返し」がなくてもいいような縫製仕様をとっ ていたんだとか。「突き詰めていくと、まだまだ自分が知 らなかったミシンの世界や縫製技術に出会うことがあ ります。ビンテージって終わりがなくて面白いですよ。昔 のステッチをしっかり学び、ゆくゆくは温故知新じゃな いですけど、ちゃんと昔のことを学んだ上で新しいこと が出来たらなって思いながらやっています」と語る。

スタジオ内にあるビンテージミシンの中でも特に見つけ る事が難しいレアなユニオンスペシャル製のミシン

タイムレスなものを作りたくて

現在のオーダー方法は、ウェブサイトからリクエスト を受け、サンプルを制作、サンプルフィッティングを行 い、それから生地やアクセサリーを決め、本デニムを制 作していく。発注から完成まで6から8週間ほどかかると いう。現在は1本につき350ドルからという価格帯。

また、生地のセレクションにはかなりの自信があると いう。それもそのはず、繊維専門として10年以上の実績 を積み、また現在も生地のエージェントとして顧客を抱 え、常に200点以上の生地を保管している。

「お客さんは、生地ばかり見せられても困惑するだけ なので(笑)、基本的に僕は『ザ・ベストセレクション』の 数枚だけを提案しています。流行関係なく、ずっと楽しめ るものを作りたいです。自分の好きな生地で、自分の好 きなように履けるジーンズがいいんじゃないですか。色 落ちに対して洗濯方法も色々あるけど、履く人の好みで 洗えばいいんじゃないですか。履く人がストレスなく洗 って、楽しんで履けるジーンズが一番ですよ」と笑いなが ら教えてくれた。また、「毎日ジーンズを作ることができ れば僕は幸せなんです」と語る。

デニムの歴史は古く、その世界は奥深い。知記さん は、履く人によって色の落ち方が違うアイテムだからこ そ、そこに自分らしさが宿ることを知っているのだ。

生地選びの際は、サンプルを元に 履いていくとどのような変化を楽し めるか、また洗い方によってどのよ うな色落ち具合になるかなど丁寧 に説明してくれる

サンプルのデニム


竹村知記

神奈川県出身。本場のデニムシーンを 見るため2005年に来米。ファッション 工科大学を卒業後、45RPMの店舗で 働いた後は、三井物産や繊維専門商 社で11年程生地サプライヤーとして経 験を積み、2022年よりオーダーメイドの デニムサービスを始める。特技は剣道。 atlanticstandardbk.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。