巻頭特集

新型コロナ時代に自宅でできるエクササイズ 補助ツールやティップは何がいい?

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。


本格派のためのホームジム・ツール

元々定期的にスポーツやエクササイズをやっていて、パンデミックで思うように運動ができなくなった人は、自宅での運動は物足りないかもしれない。そんな不満を補うのがホームジム用品やインタラクティブ・パーソナルトレーナーだ。

自宅待機が始まってすぐに、ジム通いの人がトレッドミルやウェート、スピニングマシーンなどのスポーツジム機器を購入して、自宅でトレーニングを始めた例も多い。この10カ月でホームジムマーケットには、よりコンパクトなものやファッション性の強いものが出てきている。

ホームジム用品の老舗ボウフレックス(bowflex.com)は品ぞろえが幅広い。本格的なトレッドミルはもちろん、コンパクトなカーディオマシーン、筋トレ用のベンチもあり、さらに部屋のスペースや鍛えたい場所に合わせて少しずつアクセサリーを加えて、自分なりのマシーンを作り上げることもできる。トレーニングメニューを体調に合わせてカスタマイズしたり、それを管理するオンライン・パーソナルトレーナーのサブスクリプション(月額課金)サービスもある。

ノルディックトラック(nordictrack.com)も自宅用のエクササイズ用品が充実している上に、オンラインスポーツジムのプラットフォーム、アイフィット(ifit.com)と提携し、リモートでパーソナルトレーニングができるようになった。

よりコンパクトになったBowflexのホームジム機器。オンラインでの体調管理も可能

 

 

ファッショナブルに自宅フィットネス

パンデミックで一躍注目を浴びたのが、ミラー(shop.lululemon.com/story/mirror-home-gym)。鏡の前でワークアウトしながら、その鏡に映し出されるトレーナーや、心拍数や経過時間などのデータを確認できるという画期的なツール。

フラットな鏡1枚を置くスペースさえあれば実行できるとあり、パンデミック中に大ブレーク。現在はファッションブランドのルルレモンが親会社となり、さらにファッション性が強まると共にサービスも増えた。

他のミラー・サブスクライバーと一緒に鏡の前でワークアウトすれば、ジムのグループセッションに参加している気分が味わえる。また、1人1マシーンというルールはないため、家族と一緒にエクササイズできるメリットもある。

トーナル(tonal.com)はこのミラーのよさと、トラディショナルなホームジムのメリットを融合した進化形。自宅のスペースをあまり取らずに筋トレができる構造のコンパクトジム機器や、デジタルウェートが新しい。

この他、エアロバイクのオンライン・パーソナル・トレーニングの草分けであるペロトン(onepeloton.com)も、パンデミック後にコンテンツの幅を広げ、ヨガやストレッチ、クランチなどのトレーニングができるようになった。

 

NordicTrackの本格派マシーンと、iFitのオンラインパーソナルトレーニングが合体

 

鏡の向こうのトレーナーと一緒にワークアウト。Mirrorはホームエクササイズの進化形だ

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。