コロナ渦のニューヨーク、テークアウトフード編②<写真レポ>

編集部がマンハッタンの街並みを写真で紹介する「写真レポ」。今回は、営業を続けるマンハッタンの飲食店からテークアウトで購入したものを紹介する、シリーズの第2弾。

※店名をクリックするとウェブサイトへリンクします


Starbucks

スタバ専用アプリをダウンロードすれば、スマホからも注文可能 (※営業中店舗はウェブサイト、またはスタバ専用アプリで確認ください)

臨時休業しているところもまだ多いですが、一部店舗は再開を始めています。今回はアプリで注文し、近所の店舗へ取りに行ってみました。注文したのは、「ストロベリーフラペチーノ」と「カフェラテ」。

フラペチーノはシールでフタをするんですね。店舗によると思いますが、入り口に机が設置してあり、店の奥に行けないようになっていました。名前を告げると店員が笑顔で手渡し。「やはり、スタバのラテがない生活は耐えられないな」と、改めて実感しました。

 


The Meatball Shop

※営業中店舗は、ウェブサイトで確認ください

以前からよくテークアウトしていた、ミートボール店。どうしてるかなと思い、ウェブサイトを見たところ営業していたので行ってみました。

同店のトマトソースはホールフーズなどでも販売されており、トマト本来の甘さあるソースがミートボールと相性がよく、食が進みます。サイドは、マッシュポテト。フォカッチャも付いています。ミートボールは一つから注文可能で、チキンボールにバジルの効いたペストソースも注文。

この日は天気も良く、窓全開で対応していた従業員も、夕飯時だったためか注文も多く忙しそうでした。カクテルなど酒類も豊富なので、ミートボールと一緒に注文してみては?

 


つるとんたん

テークアウトができると知って、ミッドタウン店の方へ受け取りに行きました。

注文したのは「カレーうどん」と「ミニすきやきビーフ丼」のセット。袋を開けると、うどんとスープはもちろん別々に分けられていました。普段、ビーフ丼に付いている温玉は、デリバリー、テークアウト共になしだったのが少し残念。

やはり、お店のカレーうどんは家で作るより格段においしく、コシのあるうどんは喉をスッと通り、箸が止まりません。余ったスープとビーフ丼を混ぜてカレーライスにすれば、最後まで濃厚な味を楽しめますよ。

アペタイザーや巻きずしなど、取り分けられるメニューもあったので、次回はまた違う味のうどんと共に注文したいと思います。店内入り口以外は封鎖状態でとても静か。到着したら店員を呼びましょう。

店舗情報 ミッドタウン店 ユニオンスクエア店
64 W. 48th St. 21 E. 16th St.
営業時間 月-水、日 12pm-8:30pm
木-土 12pm-9pm
月-水、日 12pm-8:30pm
木-土 12pm-9pm

ソーホーでは、スイーツの名店も営業中。

クロナッツもいいですが、今回はカヌレを購入。

ベーカリー以外にケーキも販売中。夕方近くに行ったこともあり、店内は空いていました。従業員も限られた中、いつも通り、丁寧に包んでくれるのもうれしいですね。

 

店舗情報 189 Spring St.
TEL: 212-219-2773
営業時間 8am-7pm

Sprinkles Cupcakes

昨年、巻頭特集「NY手土産事情」でも紹介した店。オンラインオーダーまたは、店舗専用アプリから注文可能。

ドアに注文方法の貼り紙が貼ってありました。到着して記載された番号へ電話をすると、奥から店員が登場。意外とピックアップの注文が多いようで、いくつもの紙袋から探してくれました。

個人的な感想では、他店に比べて甘みが抑えられており、グルテンメニューもあるのがいいところと思っています。今回は定番商品を四つ注文したのですが、写真左端上のベルベットのカップケーキに、お店のロゴマークの角砂糖が付け忘れられるという珍しい事態も!

期間限定商品もあるので、ウェブサイトでチェックしてみましょう。

 

店舗情報 アッパーイーストサイド店
780 Lexington Ave.
営業時間 10am-6pm

 


ほとんどの店が臨時休業する中、スイーツ専門店も営業していたことが今回の発見でした。多国籍なレストランが多く存在するニューヨークですので、まだまだ気付かなだけでたくさん営業中の店がありそうです。近所はもちろん、少し離れた店へ徒歩、または自転車などで行ってみるのもいいかもしれません。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!