マンハッタン中華街ガイド

1月25日(土)から始まる旧正月を祝して、今号はマンハッタンの中華街を探索。世界各国の中華街を歩き、料理教室を主宰するYOKOさんに楽しみ方を聞いた。おすすめのレストラン、安くておいしい食材やアジアのシーズニング、ハーブが買える店の情報満載旧正月料理のレシピも教えてもらった。



中華街をディープに散策

緻密にぎっしりと、モジュールのように奥や地下まで店が「詰まっている」中華街を、効率的に楽しく歩けるよう、YOKOさんにはテーマ別にポイントを絞っておすすめスポットを紹介してもらった(4ページに地図、5ページに住所リスト掲載)。

テーマ1正月気分に浸る

旧正月気分を味わうのにまず訪れてほしいのは、「Good Field Trading Co., Inc.。店内には正月飾りからカレンダー、ポチ袋など、赤とゴールドのアイテムが所狭しと並び、一瞬にして旧正月ワールドにトリップできる。

またこの時期、中華街にあるさまざまな店の中や店頭に旧正月コーナーが設置されるので、気後れせずにのぞいてみよう。

 

テーマ2しっかり食べる

中華料理のクラスも行うYOKOさんのお墨付きレストランは、特に飲茶(ヤムチャ)が人気の「Ping。料理のクオリティーが高く清潔感があり、サービスもアットホームだ。ザガットにも掲載された「Amazing Restaurantもおすすめ。大皿料理が中心なので、家族やグループでシェアするとよい。

向かいにある「Big Wong Restaurantは、安くてフレンドリーなのが魅力の店で、一人でも入れる雰囲気。そして味もコスパも抜群なのが、肉まんで人気の「Mei Lai Wah。春になったら肉まんを頬張りながら中華街を散策するのも楽しい。

 

 

テーマ3食材を探す

アジア料理は国によって使うシーズニングや食材が違うので、実はグロサリーストアも地域性が出るという。タイ料理なら「Bangkok Center Groceryが専門店で、ナンプラーやカレーペースト、香草、スイーツ、タイ米などタイ料理に必要なものは大概そろう。「Ken Hing Food Market Inc.はアジア全般の食材を置いているが、マンハッタンの中華街には珍しく、シンガポール系のものもある。

総合的に何でも手に入るのが「Hong Kong Supermarket。野菜や肉、魚も安く、火鍋に入れるフリルヌードルや、薬膳スープの生薬ミックスも買える。ワンストップショップとしてのイチオシは「Tan Tin Hung Supermarket品ぞろえにバラエティーがあり、アジア料理に欠かせないものを網羅している。新鮮な魚なら「Dating Seafood Marketがおすすめ。生きたロブスターも手に入る。

テーマ4漢方・お茶でパワーアップ

乾物屋の中でもYOKOさんがよく利用するのが「Chung Chou City 1, Inc.。商品の産地が分かりやすく表示され、取扱いが丁寧なので、保存状態もよい。本格的に問診して漢方を調合してもらうなら「Kamwo Meridian Herbsがおすすめ。英語が通じるので、問診の際も安心だ。

Wing Fat Company, Inc.は外見は薬屋なのだが、実は良質のハーブティーを量り売りしてくれる。驚くほど安価なので、初めてのハーブもいろいろ試してみるとよいだろう。

 

お話を聞いた人
YOKOさん

アジア料理や発酵食品を中心にした料理教室を主宰。
教室は日本をはじめ、アメリカ、台湾、フランスなどで開催。
また世界各国の中華街を歩いてきた、中華街の達人でもある。
Instagram: phiiisaaw

 

ページ: 1 2 3

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)