巻頭特集

マンハッタン中華街ガイド

1月25日(土)から始まる旧正月を祝して、今号はマンハッタンの中華街を探索。世界各国の中華街を歩き、料理教室を主宰するYOKOさんに楽しみ方を聞いた。おすすめのレストラン、安くておいしい食材やアジアのシーズニング、ハーブが買える店の情報満載旧正月料理のレシピも教えてもらった。



中華街をディープに散策

緻密にぎっしりと、モジュールのように奥や地下まで店が「詰まっている」中華街を、効率的に楽しく歩けるよう、YOKOさんにはテーマ別にポイントを絞っておすすめスポットを紹介してもらった(4ページに地図、5ページに住所リスト掲載)。

テーマ1正月気分に浸る

旧正月気分を味わうのにまず訪れてほしいのは、「Good Field Trading Co., Inc.。店内には正月飾りからカレンダー、ポチ袋など、赤とゴールドのアイテムが所狭しと並び、一瞬にして旧正月ワールドにトリップできる。

またこの時期、中華街にあるさまざまな店の中や店頭に旧正月コーナーが設置されるので、気後れせずにのぞいてみよう。

 

テーマ2しっかり食べる

中華料理のクラスも行うYOKOさんのお墨付きレストランは、特に飲茶(ヤムチャ)が人気の「Ping。料理のクオリティーが高く清潔感があり、サービスもアットホームだ。ザガットにも掲載された「Amazing Restaurantもおすすめ。大皿料理が中心なので、家族やグループでシェアするとよい。

向かいにある「Big Wong Restaurantは、安くてフレンドリーなのが魅力の店で、一人でも入れる雰囲気。そして味もコスパも抜群なのが、肉まんで人気の「Mei Lai Wah。春になったら肉まんを頬張りながら中華街を散策するのも楽しい。

 

 

テーマ3食材を探す

アジア料理は国によって使うシーズニングや食材が違うので、実はグロサリーストアも地域性が出るという。タイ料理なら「Bangkok Center Groceryが専門店で、ナンプラーやカレーペースト、香草、スイーツ、タイ米などタイ料理に必要なものは大概そろう。「Ken Hing Food Market Inc.はアジア全般の食材を置いているが、マンハッタンの中華街には珍しく、シンガポール系のものもある。

総合的に何でも手に入るのが「Hong Kong Supermarket。野菜や肉、魚も安く、火鍋に入れるフリルヌードルや、薬膳スープの生薬ミックスも買える。ワンストップショップとしてのイチオシは「Tan Tin Hung Supermarket品ぞろえにバラエティーがあり、アジア料理に欠かせないものを網羅している。新鮮な魚なら「Dating Seafood Marketがおすすめ。生きたロブスターも手に入る。

テーマ4漢方・お茶でパワーアップ

乾物屋の中でもYOKOさんがよく利用するのが「Chung Chou City 1, Inc.。商品の産地が分かりやすく表示され、取扱いが丁寧なので、保存状態もよい。本格的に問診して漢方を調合してもらうなら「Kamwo Meridian Herbsがおすすめ。英語が通じるので、問診の際も安心だ。

Wing Fat Company, Inc.は外見は薬屋なのだが、実は良質のハーブティーを量り売りしてくれる。驚くほど安価なので、初めてのハーブもいろいろ試してみるとよいだろう。

 

お話を聞いた人
YOKOさん

アジア料理や発酵食品を中心にした料理教室を主宰。
教室は日本をはじめ、アメリカ、台湾、フランスなどで開催。
また世界各国の中華街を歩いてきた、中華街の達人でもある。
Instagram: phiiisaaw

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。