巻頭特集

ニューヨークで進化するKatsu Sando

一口サイズで上品な
シンプル・カツサンド

コク・ラーメン

Katsu Sando $8

 

ラーメン店のカツサンドと聞くと、かなりがっつり系を想像するが、コリアタウンにある「コク・ラーメン」のカツサンドは、フィンガーフード・サイズの上品なスタイルだ。

金網の上にちょこんと乗せて提供されるこのポークカツサンドは、ソースに八丁みそとパッションフルーツジャムを使っているのが特徴。パンチがきいた味のソースかと思いきや、一口目こそ甘く感じるが、かなりマイルドに仕上がっているので飽きがこない。パンとカツの間には野菜は挟まず、あくまでもシンプルに。パンの耳は切り落としてあり、肉は薄めで、一口サイズに仕上げてあるのでパクパク食べてしまう。

カツサンドだけでも十分満足感があるが、おなかが空いているときなら、セット価格でお得なスイートポテトのフライをプラスするというオプションもある。もちろんギョーザ感覚でラーメンと一緒に食べるのもよし、またお酒のアテにしてもよし。

Koku Ramen
2 W. 32nd St. (bet. 5th Ave. & Broadway)
TEL: 212-643-8488
kokuramen.com

 

ベークしたチキンカツを
フォカッチャで挟む

ロスト・イン・ザ・ソース

Katsu Sando $14

 

キャナルストリート・マーケットのフードホール内に今年の夏オープンした「ロスト・イン・ザ・ソース」。同店の「カツサンド」は、ベークしたチキンカツを使ったヘルシー派。パンは片面だけ軽くトーストしたフォカッチャで、しっかりと歯ごたえがあり、ベーク特有のドライでガリッとした衣に包まれたチキンと好相性。

一番下にマヨネーズ、次に千切り紫キャベツの酢漬け、チキンカツ、その上にトンカツソース、さらにたっぷりの千切りキャベツを乗せ、そして最後にまたとんかつソースをかけ、ギュッと挟む。

一切れがかなり大きいので、両手でしっかりおさえてかぶりつくべし。酢漬けキャベツの酸味と、カツのうま味、千切りキャベツの甘みのバランスは、どれが勝つわけでもなく、計算され尽くした味わい。値段は14ドルと、テークアウトのカフェにしては高いが、量はたっぷりで、少食の人なら2食分はある。ポテトサラダ付き。

Lost in the Sauce
265 Canal St.
(bet. Lafayette St. & Broadway, Inside Canal Street Market)
Instagram: @lostinthesaucenyc

 

日本の味ならココへ!

日本人シェフが開発した懐かしい味のカツサンドはこの3店で!

 

完璧なバランスの和牛カツサンド

酒舞

 

ローワーイーストサイドの「酒舞」では最高級(A5ランク)の宮崎牛を使った、この上なくぜいたくなカツサンドが食べられる。ミディアムレアのカツは極厚なのにテンダーで、和牛特有のうま味が口中に広がる。

「肉は一枚一枚微妙に違いますし、その日の室温や湿度によって火の入り方が変わってくるので、気を付けて調理しています」とシェフ・ド・キュイジーヌの古河厚志さん。和牛の味を知り尽くしたシェフの手による極上のカツサンドは、もちろん独り占めしてもいいが、大人数でシェアもできる。

同店では「Omiya」として、手土産に持ち帰るスタイルもおすすめしている。

SakaMai
157 Ludlow St.
(bet. Rivington & Stanton Sts.)
TEL: 646-590-0684
sakamai.com

 

日本の喫茶店の味を再現

ハイカラ

 

はみ出すカツが豪快なポークカツサンドを提供するのは、昼は喫茶店、夜はバーと姿を変える「ハイカラ」。

「足し算ではなく、あえて引き算した、シンプルでクラシックなカツサンドを目指した」という。風味豊かなバークシャーポークを使用したカツはサクサク、外のパンはふわふわ。食パンは同店の姉妹店「茶菴」で手作りしているというこだわりようだ。香り豊かなコーヒーと一緒に楽しみたい。

Hi-Collar
214 E. 10th St. (bet. 1st & 2nd Aves.)
TEL: 212-777-7018hi-collar.com

 

カクテル片手にカツサンドという粋 

バー・モガ

タングステンライトに薄暗く照らされながら、まったり気分でカクテルを楽しめる「バー・モガ」は、大正ロマンの雰囲気を再現したバー。

食事のメニューもレトロモダンな洋食が中心。とあればカツサンドは外せない。おつまみサイズに小ぶりにカットされてはいるが、パンの厚さの3倍はあろうかと思われる分厚いトンカツが主役で、食べ応え十分。肉の厚さに比例するように衣もしっかりと存在感があり、リッチだけれど素朴な味だ。

Bar Moga
128 W. Houston St. (at Sullivan St.)
TEL: 929-399-5853barmoga.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。