巻頭特集

フェリーは夏の乗り物だ!

スタテンに行きたい理由の一つ
市内唯一のアウトレットモール

市内に住んでいても、スタテンアイランドに遊びに行く機会はそんなにないかもしれない。しかし最近、マンハッタンからの訪問者が急増している。その理由が、昨年5月にオープンしたエンパイア・アウトレッツだ。段階的オープンを実施しており、百貨店ノードストロムの他、USポロアッスン、ブルックスブラザーズ、ナイキなどの有名ブランドが、現在32店舗営業している。

「ニューヨーク市初のアウトレットモールということで、さまざまな地域から人が訪れます。同時に、コミュニティーセンターとしての役割も果たしています」と、ゼネラルマネジャーのウェスリー・レビズさん。格安商品がショッピングできるだけではなく、近代的な設計の建物や青い海など、足を運ぶからこそ楽しめる空間の美しさも見所の一つ。

 

 

新型コロナウイルス感染拡大で一時休業していたが、今月22日から営業を再開。満足な空気循環が見込める屋外施設であることが幸いし、ニューヨークの経済活動再開の中でも、いち早く再開が実現したそうだ。ウェスリーさんは、「現在は小まめな施設内消毒と、ソーシャルディスタンスの徹底を進めています」と安全性をアピール。

最上階である4階には今夏、屋内フードホールと、屋外ビアガーデン「クリントンホール」も登場予定なのだとか。青空の元、海の向こうのマンハッタンを眺めながら、冷えたビールをひと口…という夏も良さそうだ。

 

遊び心のあるベンチやフォトスポットに、大人も子供も心をくすぐられる

 

展望デッキからはマンハッタンが見える

 

道路を挟んで向かい側にある、スタテンアイランド区庁舎。ちなみに、スタテンアイランド・ヤンキースの野球場とも隣り合わせだ

 

Empire Outlets

55 Richmond Terrace
Staten Island, NY 10301
info@empireoutlets.nyc
empireoutlets.nyc

【営業時間】

午前10時〜午後8時
※店舗によって変動あり

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。