巻頭特集

フェリーは夏の乗り物だ!

美しい街並みを眺めながら、太陽をキラキラと反射した水上を、ハイスピードで疾走。夏こそ、1年で最もフェリー利用が楽しい季節だ。今号は、まだ乗ったことがない人のために、その多彩な魅力を紹介しよう。風に吹かれて、ちょっと髪が乱れるのはご愛嬌! (取材・文/南あや)


イーストリバー移動なら
NYCフェリー

ホーンブローワー社が運営する「NYCフェリー」は、2018年5月からイーストリバーを行き来している。開業以来、6路線で21の乗り場を設置。今年3月の時点で、累計利用者は1490万人を突破した。

金融街にあるピア11を起点(サウスブルックリン線のみ中継点)に、ロッカウェービーチやガバナーズアイランド(今年はオープンを延期)などの夏の人気スポット、東34ストリートなどの通勤エリア、ロングアイランドシティーなどの新興エリアを網羅。

 

船上なら、ガバナーズアイランドとマンハッタンを同時に見ることができる

 

料金は地下鉄と同じ1回2ドル75セントだが、運営元が異なるため、メトロカードは使用不可。紙での発券の他、スマホの専用アプリでもいつでもチケット購入ができる。

最近は、地下鉄やバスでの換気およびソーシャルディスタンスを気にするニューヨーカーらが、より積極的にフェリーを利用するようになった印象がある。結果、屋外デッキの人口密度が高まっているようなので、気になる人は要注意。なお乗船はマスク着用が必須。

青空の下で海風に吹かれるフェリーは、夏ならではの開放感があり、心地いい。複数の観光名所がルート沿いにある上、水上だと景色が開けるので、観光目的で乗るのもオススメだ。

 

 

スケジュール確認やチケット購入など、必要な情報はアプリ「NYCフェリー」で一発確認!

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。