巻頭特集

フェリーは夏の乗り物だ!

美しい街並みを眺めながら、太陽をキラキラと反射した水上を、ハイスピードで疾走。夏こそ、1年で最もフェリー利用が楽しい季節だ。今号は、まだ乗ったことがない人のために、その多彩な魅力を紹介しよう。風に吹かれて、ちょっと髪が乱れるのはご愛嬌! (取材・文/南あや)


イーストリバー移動なら
NYCフェリー

ホーンブローワー社が運営する「NYCフェリー」は、2018年5月からイーストリバーを行き来している。開業以来、6路線で21の乗り場を設置。今年3月の時点で、累計利用者は1490万人を突破した。

金融街にあるピア11を起点(サウスブルックリン線のみ中継点)に、ロッカウェービーチやガバナーズアイランド(今年はオープンを延期)などの夏の人気スポット、東34ストリートなどの通勤エリア、ロングアイランドシティーなどの新興エリアを網羅。

 

船上なら、ガバナーズアイランドとマンハッタンを同時に見ることができる

 

料金は地下鉄と同じ1回2ドル75セントだが、運営元が異なるため、メトロカードは使用不可。紙での発券の他、スマホの専用アプリでもいつでもチケット購入ができる。

最近は、地下鉄やバスでの換気およびソーシャルディスタンスを気にするニューヨーカーらが、より積極的にフェリーを利用するようになった印象がある。結果、屋外デッキの人口密度が高まっているようなので、気になる人は要注意。なお乗船はマスク着用が必須。

青空の下で海風に吹かれるフェリーは、夏ならではの開放感があり、心地いい。複数の観光名所がルート沿いにある上、水上だと景色が開けるので、観光目的で乗るのもオススメだ。

 

 

スケジュール確認やチケット購入など、必要な情報はアプリ「NYCフェリー」で一発確認!

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。