巻頭特集

フェリーは夏の乗り物だ!

乗ったことある?
ちょっとマイナーなNYCフェリー3路線

人気の川沿いエリアを総ざらい
イーストリバー線

グリーンポイント、ウィリアムズバーグ、ダンボといった人気のエリアを網羅するのが、イーストリバー線。2018年のNYCフェリー開業時から存在する路線だ。ピア11を目指し、各エリアから老若男女問わず、多くの乗客が乗ってくる。

グリーンポイントは昔ながらの地区に乗り場があるが、それ以外は停留所周辺もきれいに整備されていて、散策するだけでも楽しい。水上からはエリア全体が見渡せるので、観光での利用もおすすめしたい。

 

ウィリアムズバーグも水上から臨むと、また違って見える

 

ブルックリン橋の真下をくぐって進む

 

発着点はミッドタウン・ウェストにある

 


工業地帯をつなぐ無骨な路線
サウスブルックリン線

2019年に新たに追加された、レッドフックやベイリッジのある南東に進む路線。その地域の住人や通勤客が多く利用するようだ。コンテナが高く積まれたドックや倉庫の密集地帯など、インダストリアルなエリアを通る。倉庫地帯にある、隠れ家のような乗り場に入る瞬間は、テーマパークのアトラクションのようでドキドキ。

全線で唯一、マンハッタン側の発着点がピア11ではなく、ブルックリン橋近くのコーリアーズフックなのも特色。

 

日常生活では接点の薄い工業エリアは、見ていて飽きない

 

閑静な発着点、コーリアーズフック

 

︎ベイリッジの乗り場はなんとも殺風景

 


ブロンクスに向けて伸びる
サウンドビュー線

こちらも咋年追加された、ブロンクスとマンハッタンをつなぐ長距離路線。マンハッタンの東90ストリートを経由するので、アッパーサイドの住人にも使いやすい。

ブロンクスのサウンドビュー(クラソンポイントとも)は、周辺こそ閑散としているが、そこからバスに切り替える利用者で大にぎわい。ブロンクス住民の大切な交通手段だ。ちなみに来年、サウンドビューよりさらに北のスログスネックに乗り場を追加予定。

 

ブロンクスならではの建物の景観が特長

 

︎住宅街に面した東90ストリート

 

開けた乗り場、サウンドビュー

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。