巻頭特集

フェリーは夏の乗り物だ!

スタテンアイランド・フェリーに乗ってみよう

ニューヨーク市内には、なんと無料で乗船できてしまうフェリーもある。スタテンアイランド・フェリーだ。1817年に始まった、ニューヨーク市内最古のフェリー路線で、24時間365日、休みなく運行する。平日利用者は毎日約7万人(117便)。

バッテリーパークに程近いホワイトホール・ターミナルから、平均で30分〜1時間に1本、出航している。行き先はスタテンアイランド最北に位置する、セントジョージ・ターミナル。そこから、島内をつなぐ電車やバスも運行している。

もちろんスタテンアイランドの住民の利用率が高いが、夏には観光客も多く利用する。なんといっても自由の女神の真横を通るので、同像を無料で鑑賞するには最高の方法なのだ。

 

NYCフェリーよりも圧倒的に大きな船体は、迫力満点!

 

利用する船にも注目

フェリーは全部で7船あり、それぞれ名前やデザイン、歴史が異なる。窓のない開けた席を設けている船もあるので、運良く引き当てたいところだ。

すべての船で、飲食物の販売が行われているのだが、新型コロナウイルス感染拡大を受け、現在は一時営業を休止している。

現役フェリーのうち最も古いのは、1965年就役のジョン・F・ケネディ号。名前の由来は、もちろん同名大統領。実は2020年に引退予定なので、趣あるレトロな船内を覗いてみたい人には、早めの乗船をオススメしたい。

そして入れ替わりで、新船サンディ・グラウンド号ともう1船(名称未定)が就役予定。今からその姿を見るのが楽しみ!

 

ジョン・F・ケネディ号の内装はややノスタルジック

 

サミュエル・I・ニューハウス号では、窓ガラスなしで景色が楽しめる

 

同号から撮影した自由の女神像

 

 

The Staten IslandFerry

siferry.com

WhitehallTerminal

4 Whitehall St.
地下鉄R・W線ホワイトホール駅すぐ

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1137

ブロードウェーウィークがスタート!今、見るべきミュージカルガイド

昨秋、1年半ぶりに再開されたブロードウェーミュージカル。今月18日からはブロードウェーウィークが始まり話題の新作やリバイバル作品がめじろ押しだ。今、見るべきおすすめのミュージカルやその見どころをダンサーの小野由利加さんに紹介してもらう。

Vol. 1136

運気を上げる!ニューヨークの開運スポット

「今年こそは良い年にしたい!」と皆が希望を持つ新年。オミクロン株が猛威を振るう中、まだまだ先の見えない世の中を実感している人も多いはず。そんな状況に負けず、良いパワーを引き寄せて素敵な一年にするために、スピリチュアルの先生に2022年開運のヒントを教えてもらおう!

Vol. 1134

年末は編み物しながらリラックス!

今年もやってきた年の瀬。気温も下がり、自宅で過ごす時間が長くなるこの時期、暖かい部屋でお気に入りの音楽やポッドキャストを聞きながら、編み物に没頭してみるのはいかが? ストレス解消にもつながるという編み物の魅力を知ってみよう。