巻頭特集

フェリーは夏の乗り物だ!

スタテンアイランド・フェリーに乗ってみよう

ニューヨーク市内には、なんと無料で乗船できてしまうフェリーもある。スタテンアイランド・フェリーだ。1817年に始まった、ニューヨーク市内最古のフェリー路線で、24時間365日、休みなく運行する。平日利用者は毎日約7万人(117便)。

バッテリーパークに程近いホワイトホール・ターミナルから、平均で30分〜1時間に1本、出航している。行き先はスタテンアイランド最北に位置する、セントジョージ・ターミナル。そこから、島内をつなぐ電車やバスも運行している。

もちろんスタテンアイランドの住民の利用率が高いが、夏には観光客も多く利用する。なんといっても自由の女神の真横を通るので、同像を無料で鑑賞するには最高の方法なのだ。

 

NYCフェリーよりも圧倒的に大きな船体は、迫力満点!

 

利用する船にも注目

フェリーは全部で7船あり、それぞれ名前やデザイン、歴史が異なる。窓のない開けた席を設けている船もあるので、運良く引き当てたいところだ。

すべての船で、飲食物の販売が行われているのだが、新型コロナウイルス感染拡大を受け、現在は一時営業を休止している。

現役フェリーのうち最も古いのは、1965年就役のジョン・F・ケネディ号。名前の由来は、もちろん同名大統領。実は2020年に引退予定なので、趣あるレトロな船内を覗いてみたい人には、早めの乗船をオススメしたい。

そして入れ替わりで、新船サンディ・グラウンド号ともう1船(名称未定)が就役予定。今からその姿を見るのが楽しみ!

 

ジョン・F・ケネディ号の内装はややノスタルジック

 

サミュエル・I・ニューハウス号では、窓ガラスなしで景色が楽しめる

 

同号から撮影した自由の女神像

 

 

The Staten IslandFerry

siferry.com

WhitehallTerminal

4 Whitehall St.
地下鉄R・W線ホワイトホール駅すぐ

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1130

今年は75周年のメモリアルイヤー! NBAを見に行こう!

レギュラーシーズン開幕から約1カ月。創設75周年を迎えたNBAは、今季ならではのイベントが盛りだくさんだ。今、話題のNBA系YouTuber、Rikuto AFさんとニコラス武さんの解説と共に、その魅力を紹介する。

Vol. 1129

NYC新市誕生! エリック・アダムス氏を解剖

2日に行われたニューヨーク市の市長選で民主党のエリック・アダムス氏が当選し、次期ニューヨーク市長に就任する。エリック・アダムス氏とはどんな人物なのか? そして今後のニューヨークはどう変わるのか?

Vol. 1128

ビザ最新情報 2021秋冬版

2023年度DV(移民多様化)抽選永住権の米国務省受付が、9日正午で終了した。今号では、H、E、L、Oビザなどの非移民ビザや永住権に関する最新情報を紹介する。

Vol. 1127

今年は何する? もうすぐサンクスギビングデー!

いよいよサンクスギビングデーがやってくる。今年は例年のパレードも復活し、感謝祭ディナーに大セールと楽しいイベントがめじろ押し。日本人にはなじみない文化とはいえ、せっかくアメリカに住んでいるのなら目いっぱい楽しまなきゃ損! 今号はそんなサンクスギビングを存分に満喫するための情報をお届けする。